新参者、bifidus


娘の授業参観と重なり、
絶望的となったイベントが昨日あり、
授業参観の時間を聞くと、
PM 1:25~とあった。


イベントは10:00からで
間に合うと思い、双子の息子を連れて
車に乗り込んだ。


湾岸高速でアクセルを
踏み込むと、


AM 9:30


イベント会場に到着した。


本日の主役である
親分を探すと、
私がデザインしたTシャツを着た
親分を見つけ、声を掛けた。


親分と握手し、相棒が座る
ベンチに息子達と腰掛けた。


12年続けてこられたライブが、
今年で終わると言う。





一度親分のスティック捌きを
見てみたいと思っていただけに、
最後のライブに駆けつける事が出来、





親分の勇姿を見る事が出来た。


私が親しくさせて頂いている
友人の中で、最も年配の親分が
笑顔で音楽に乗せてビートを
刻んでいる姿に、
若い頃に音楽をしていた
熱い情熱が胸に去来した。


親分達のバンドを見終え、
急いで娘の授業参観に向かい、
本日の重要行事を済ませた。


玄関には午前中に
届けられた宅配物があった。


それはボーリンフタマタ♂を送り、
見事8頭を得たDAIZさんからの
御礼であった。


丁寧に梱包された箱から、





プリンカップを取り出すと、





箱内にはゼリーが
緩衝の代わりに敷き詰めてあった。





プリンカップのテープの
点線を鋏で切ると、





綺麗に剥がす事が出来た。


これは素晴らしいと
呟きながら、プリンカップの
新参者を確認する。





産地:Peru Huancayo Junin 





累代表記:WF1





学名:Golofa bifidus  





昨年日本初入荷した
ゴロファ ビフィドゥス





6頭を無事受け取った。





このような高価で貴重な
カブトを授かり、感無量となる。


大切に育て、
親超えを果たせるよう
管理に努めていく。








にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



最後の黄金

遂にババオウゴンオニが
力尽きた。





多くの子孫を残してくれた
ちょくさん印のババオウゴンオニ、





符節は一つを残して5本欠け、
天寿を全うした。


そして最後の産卵ボトルからは、





最後の子孫となる1頭のみが
孵化していた。


ババは羽化前に、
必ずと言っていい程暴れる事が解った為、
次世代ではその経験を活かし、
80mm超えを目指していく。


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



震撼黒い傘

16卵中5頭の孵化から、
マット変更を決意し、
ツヤに名高いマットを召喚させた。





投入しているボトルの
蓋を開けると、





黒い傘の痕跡が残されていた。





クベラツヤの3令に使用していた
マットだけに信頼を置いていたが、


ボトル内部にいる筈の
初令幼虫の姿が見えない。


4本目のボトルまで消失した
状態が続き、震撼とはこの事かと
いつまでもマットを弄るも
幼虫の姿は無かった。


次のボトルから初令幼虫が
現れた。





全滅が頭を過っていただけに
安堵が心に沁みる。











10頭いたクベラツヤは
5頭と半滅状態であった。


憎き黒い傘





言葉を失くし、
ツヤに名高いマットの
力を見せて貰う事とする。


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



奄美飼育模索

とんかちさん採集個体、
奄美大島産 WF1
アマミコクワガタが蛹化した。





透き通るような瑞々しさから
蛹化して間も無い。


蛹室は教科書通りの角度か。


内歯の形状も確認出来、





羽化すれば30mm前後と
なりそうである。


現在全て個別マットにて
飼育したが、
先のヒマラヤコクワガタで実践した
マット内部にカワラタケ材を
埋め込んだ多頭飼育の方が、
結果良かったのではないかと思案する。


次世代で試す事が出来れば、
比較検証対象とする。


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



Defeat

予めセットしたアラームは
AM 4:30


ふと目を覚まし、
時計を覗くとAM 4:29


アラームに勝利した気分で
身体を起こし、大浴場へと向かう。


大浴場には一つのスリッパが
置いてあり、扉を開けると
相棒masaさんがシャワーを
浴びていた。


挨拶し、熱いシャワーを浴びて
目を覚まし、大浴場で身体を温めた。


今日は採らなければならない。


志を強く持ち、
本日の採集に臨む。


ふと右手を見ると、
昨日の材との格闘から
掌にタコが出来ていた。


頸椎ヘルニアから来る右手の痺れは、
材との格闘で更に増すが、
泣き言など噯にも出せない。


天然温泉の効能を見ながら、
目を覚まし終え、
部屋へと戻り、身支度を整えた。


AM 5:30


時間通りロビーに集合し、
ホテルを後にした。


昨夜、パラパラと降った雨が
路面を濡らし、霧が立ち込める
景色を置き去りにしながら、
車は唸りを上げて目的地へと向かう。


AM 6:00


ジャストに到着し、
コンビニの駐車場に停車させ、
広島ナンバーの車に近寄ると、
かっしーさんが毛布に包まって
眠っていた。


かっしーさんと事前に
採集の話しをした所、
偶々予定が合った為
本命採集に合流となった。


コンビニで朝食を購入し、
車に戻ると、かっしーさんが
車から降りていたので、
挨拶を交わした。


近況を話しながら
採集スタイルに着替え、
第1ポイントへと向かった。


停車させる際、地主さんに
挨拶に行き、採集と停車の許可を頂き、
皆散り散りと本命を求めて歩く。


私が歩くその先に
遠目でかっしーさんの姿が見えた。


同じルートを通っても仕方ない為、
別方向に進んでいった。


中々本命が入っていそうな
材に辿り着けず、
斜面を登り下りを続けていると、
細い材から太い材まで新しい
割り痕が続いた。


かっしーさんと別方向に
向かった筈なのに、もうここまで
到達しているのか。


瞬間移動とはこの事かと、
くだらない事を思いながら、
かっしーさんの足の速さに
驚きながら歩くも、
行く先々に材への徹底的な
チェックがなされていた。


そもそも本命が入っていそうな
材は無い為、一度引き返そうとした所、
相棒からの着信が有り話すと、
既に3人が車の近くで合流したと言う。


かっしーさんが車の近くにいる事が
信じられず、藪を掻き分けて
停車した場所まで戻った。


かっしーさんに、私の行く先々の
細い材から全てチェックされた
話しをした所、細い材は
叩いていないと言われた。


割り痕がとても新しく、
他採集者の存在を知る事になった。


大きくポイントを変え
材を探すも、





本命が現れる事は無かった。


4人で歩いていると、
少し目線を上げた場所に
太いクヌギがあり、
皆で近付いた。


そのクヌギは部分枯れがあり、
手を伸ばそうにも届かず、
他の樹を探しに行こうとすると、
相棒と親分がゴニョゴニョ会話をし、
私が近くの散策を終えて戻ると、
マッスルドッキングをして
部分枯れのチェックをしていた。





かっしーさんが、まだ早いの一言で
マッスルドッキング解体となり、
この付近を後にした。


ポイント選定をしていると、
かっしーさんが温存されている
エノキ材の確認で車を走らせた。


AM 9:40


その材は10年程前から
目を掛けていた材となり、
本命も採集された経緯があった。


見た瞬間、本命登場を連想させたが、
カブトムシが多く入り、残念ながら
コクワガタマンションと化しており、
かっしーさんは落胆の声を漏らされた。


私と相棒はその近辺を散策するも、
結果には繋がらず、
停車した場所にて4人が集まった。


次なるポイント選定の際、
我々の想いを相棒が
かっしーさんに伝えた。


それは、
かっしーさんの温存した材で
採集したいのではなく、
かっしーさんと一緒に歩いて
本命を探したいという事を。


オオクワガタが欲しいのではなく、
オオクワガタを採りたいと言うと、
かっしーさんは笑顔で頷いた。


次なるポイントを定め、
停車させて皆それぞれの方向に
足を向けて歩く。


私は雰囲気から皆とは真反対に
歩くと、一台の車が道を塞ぎ
会話されているのが聞こえた。


斧をぶら下げて歩いている為、
質問されるのも面倒と、
別ルートを選択した。


歩いていると、
相棒と親分に出会い、
親分が誰か採集者が来ている事を
指差した。





行く先々で材が割られおり、
正にそれは数分前、数時間前か。


先程の車は他採集者と悟り、
その方々がチェックした切り株を
よく確認すると、食痕が出ていても
追い掛けていない事に気付いた。


本命の食痕ではないからなのか。


白枯れの切り株に走る
食痕を追うと、





多数のクワガタが現れた。





頭色は良くもコクワガタや、





ノコギリクワガタが現れたが、
本命に出会う事は無かった。


太陽に照らされ、
斧を振り上げる度に
汗が吹き出る。


水を飲みながら
時計を覗くと正午を過ぎていた。


相棒から連絡が入り、
皆の結果が振るわない為、
昼食を摂る事にした。


かっしーさんの案内で
注文品を一気に平らげ、
一番生息が濃厚と思われる地へと
車を走らせた。


停車し、地元の方に挨拶すると共に
我々は採集者であると声を掛ける。


あの斜面の材を叩いても
良いかと尋ねると、
わざわざ地主の方に連絡をして頂き、
許可を得て近付いた。





然し乍ら、本命以外の
楽園であり、皆それぞれの
方向へと歩いていった。


どこもかしこも他採集者の
割り痕があり、思考を変えて
山を登り、下りを続けて
停車位置からかなり離れた場所まで
歩くも、本命採集には至らなかった。


PM 3:00


親分の帰宅、かっしーさんの用事の
タイムリミットとなり、
遠征採集にピリオドを打った。


ポイントを含めた
作戦ミスによる完敗となり、
皆が悔しさを滲ませた顔で
採集装備を外し、着替えた。


近くのコンビニで水分補給をし、
かっしーさんと握手を交わし、
右手を降った。


家路へと向かう途中、
運転を変わりながら


PM 10:40


相棒と親分に別れを告げた。


今回の遠征で、
本命は得られなくとも
多数の樹液木をマーク出来た。


採集圧をひしひしと感じる地で
今夏樹液採集に至るのか。


更なるポイントを
自らの足で探さなければ、
今夏本命樹液採集10頭は
到底叶わぬ夢と散る。


目標と強い志を保ち、
達成に向けて採集眼力を高める。


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



↑