成長速度と繁殖力

コバエが
フーリガン化している。


その発生源を迅速に
対処すべき、マット飼育を
見て回ると、マンディブラリスに
行き当たった。


発生した原因は2つ。


ボトル形状と、
瓶内部温度・湿度に違いない。


ボトル形状とは、
安価なPP製の蓋が
ねじ込み式ではないタイプ。


コバエの出入りが可能となる
隙間が存在する。


そして、もう一点の
温度・湿度とは、
ボトルの蓋を前居住者が
フィルターを破壊し、
捨てればいいボトルを
私が流用する為、
キッチンペーパーを被せ、
その上にボトルの蓋を
閉めた事により、他の飼育瓶とは
異なる温度・湿度から
マットに蠢くコバエ幼虫が発生した。


ボトルを急いで外に持ち出し、
浦島太郎の気分で蓋を開けた。


恐ろしい数のコバエが
煙のように吹き出し、
外界に飛び出して行った。


これでは御近所迷惑
甚だしいので、即座に
ビニール袋にマットを廃棄した。


マットからは、
何事かと言わんばかりの
マンディブラリス幼虫が
迷惑そうに身体をくねらせた。






2014/8/10
新マットに投入した
個体群であり、成長速度は
菌糸瓶を凌駕する。





よく目を凝らすと、
産毛が目立ち、印象は
ミヤマクワガタを彷彿させた。


外でフーリガンと格闘していると、
双子の息子と娘が私に近付き、
北側のコンテナにカブトムシの
幼虫が沢山いるとの情報を
寄せてきた。


カブトムシは今夏、
羽化と共に全て裏山、若しくは
息子の友達へと渡った為、
半信半疑でコンテナケースを
開けると、





糞だらけの上に、
3頭の巨大な3令カブトムシが
優雅に背泳ぎをしているかのように
現れ、驚き慄いた。


羽化後間も無く交尾、
産卵といった模様。


糞をよけていくと、
次々と現れる巨大な暴君達。


臭い物に蓋をするように
糞を元に戻し、視界から
消えて貰った。


カブトムシの繁殖力に
今年も驚き、廃菌糸を
与える事が決定した。


クワガタの産卵も
暴君のようにいくと、
飼育の愉しみが激減するのだろうと
思いに耽った。


vivids ssp.
長崎県 対馬市産 ツシマヒラタクワガタ追加


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



スポンサーサイト

COMMENT

- もぐりー #/KwPR6nA

エサが無くても繁殖するパワーですか(笑)
さすが国産暴君!

コバエは私も困ってます。
昨日も、ボトルを開けたらブワァーっと出てきました。
部屋で開けたので大変なことに・・・。

2014.10.14(Tue) 08:28 | URL | EDIT
>もぐりーさん - セーケン

こんばんは!

餌を食べずに羽化後即
繁殖んい至るって凄いですよね笑

コバエはあきまへん笑

家族を深い不快にさせてしまいます笑

2014.10.16(Thu) 00:03 | URL

↑