呼称の違和感

風がひんやりと身体を包む。



この気温なら樹液場も
少ないと感じながらも、
状況を把握したく単独で
裏山に登った。


連日の猛暑が
獣道をより一層乾燥に
導いたようだ。


歩みを進めると、
真夏の暴君が無残な姿で
現れた。






この画像からは
読み取り難いが、
暴君は上半身に切り取られながら
動いていた。





こちらも同じく。


樹上からは謎の獣の
鳴き声が響く。


キュイ、キュイと
高い声が定期的に聞こえる為、
ライトで照らすものの
正体は見えぬままであった。


暗闇を1300ルーメンが
世界を創り上げる。





やがて生き抜いている
暴君達に出会い、
一先ず夏の光景に酔いしれる。





しかし暴君しかいない。





裏山の住人である
ノコギリクワガタを探すと、
一頭がその姿を露わにした。





所謂ピンノコである。


歩みを進めると
カミキリ界の次点、
ミヤマカミキリがライトを
気にすることなく佇んでいた。





スエード調の革ジャンに
身を包めたように渋い存在である。


そういえば気になる事がある。


シロスジカミキリは
亡くなると背中の模様が
白い筋に見える為、
シロスジカミキリと呼称されて
いるようだが、私にはピンとこない。



新たな襲名を行った方が
良いように感じている。


例えば
アレキサンダーカミキリだとか、
カメハメカミキリだとか。


今後の採集でシロスジカミキリが
現れた際は、上記のどちらかで
読み上げる事にしよう。


と、思い耽けながら
帰路に着いた。


vivids ssp.
滋賀県産オオクワガタ追加


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



スポンサーサイト

COMMENT

- もぐりー #/KwPR6nA

この暴君はタヌキかなにかに食われちゃったんでしょうか?可愛そうですね。

そういうわけで、アレキサンダーカミキリに一票です(笑)

2014.07.29(Tue) 17:40 | URL | EDIT
カメハメカミキリです。 - masa

セーケンさんがシロスジを今度見たときにどっちで呼ぶのかが非常に気になり暑くて夜も眠れません(笑)

お盆までは暴君祭りですな~~

2014.07.30(Wed) 10:53 | URL
>もぐりーさん - セーケン

こんにちは!

ご返事が遅れまして、
申し訳ありません。

暴君はタヌキでしょうか。
鳥ではないですね、夜ですから。

痛々しい場面でした。

アレキサンダーカミキリですか!!

その後、よくよく考えると
日本らしさが必要ではないかと
考えを改め、和名で行きたいと思います。

例えば、タケルノミコトカミキリとか笑

2014.08.02(Sat) 17:08 | URL
>masaさん - セーケン

どうも~♫

コメント遅れてめんごし!

カメハメカミキリですか!!
もぐりーさんに記載したように、
和名で行きます!!

中臣鎌足から襲名し、
ナカトミノカミキリ!!にします!!

現場での使用例:「セーさん!あいついたよ!!」
「あ、ナカトミだ!!」

以上

2014.08.02(Sat) 17:11 | URL

↑