敗北の雨

PM 1:00


昼食を摂り終え、
眠気が訪れる前に行動する。


単独採集では甘えが生まれてしまえば
それに飲まれてしまう。


目的地へ向かう途中、
良さそうなクヌギが見えた為
立ち寄る。





高所に捲れがあるものの
そこはコクワガタの住処であった。





オオクワガタは
絶滅したのではないか。


そう感じてしまう程、
空振りが続く。


そして先日採り損ねた
大型のクワガタ採集に挑む為、
ラダーを抱えその樹の前で
深呼吸をして見上げる。





初めて目撃した時は
70mm程あるのではないかと
心臓が跳ねたが、実際は如何程なのか。


ラダーを伸ばし、音を立てずに
樹に添える。


ラダーを一段一段慎重に登り、
前回と同じ過ちを起こさぬよう、
空洞化した内部に落下させない為、
網を用意して手を伸ばす。





それは怯え、
必死にしがみ付いていた。


私は用意した網が
余裕を与えてくれる。


しっかりと握りながら
その樹から取り出しのは、





ヒラタクワガタ♂


採集した瞬間、
本当に先日と同じ個体なのかと
確認した。


其れ程違和感を感じるサイズであり、





光が生み出す影が
その姿を増幅させると解釈した。


前回の敗北を払拭出来、
気を良くした私はこの新規ポイントを
歩いてみたものの、素晴らしい樹液木には
出会えなかった。


その後、マーキングした樹液ポイントを
回り続けるも本命には出会えず、


PM 5:10





彼女を最後にと、
車へと戻る途中、小雨が降り出した。


敗北の雨だ。


山が帰れと促しているのか。


そう呟きながら車に乗り込み、
汗を拭う。


もうポイントはないのか。


雨が地面を泥濘に変える前に
この地を離れ、コンビニで暫し
思考を巡らす。





遣り残しはないか、
自問自答しながら東の空を見ると
雨は降っていないように思えた。


この遠征の第1ポイントである
お墓で締め括ろう。


そう決めて車を走らせると、
私の予想通り、東の地は雨が
降っていなかった。


PM 7:50


夜に喚かれた犬は民家の方が不在で
連れられているのか、静けさに包まれ、
最後のポイントのその樹を照らした。





徹底的に確認し、





その主達を掻き出した。





PM 8:20


グローブを取り、
採集ウェアを脱ぎ、
敗北に膝をつく。


台風が接近している為、
家路へと急がなければならないが
身体が拒否をする。


悔しさに打ちひしがれ、
運転席にて遠征採集の写真を見返す。


マーキングした地図を眺め、
遠征採集の見直しを
検討しなければならないと誓い、
この地を後にした。


途中、何度も仮眠を摂りながら
車を走らせるも数分で
睡魔に襲われてしまう。


走行車線を走っていた筈が
気付くと追越し車線を走っていた瞬間
ゾッとし、SAで少し長めの休憩を取り、


2017.8.7
AM 6:00


自宅に到着し、
息子達の友人達が泊まりに来ていたようで、
彼らの寝顔を見てベッドに倒れ込んだ。


今回の遠征採集で痛感した想いを
今冬から変えてみせる。


そう誓いながら
意識を失くした。


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



スポンサーサイト

COMMENT

地図 - もぐりー #/KwPR6nA

地図へのマーキングが重要なんですね。
こういう細かなことで、採集確立を上げているんでしょうね。
さすがです!

2017.08.17(Thu) 14:23 | URL | EDIT

↑