0か1のフラグ

2017.8.6
AM 4:30


アラームを聞き、起き上がり
車から降りて身体をほぐす。


前々から気になって仕方のない、
ナミゲンゴロウ採集地を
グーグルマップで見続けていた場所は、
この位置からだと其れ程苦ではない。


本命であるオオクワガタが
採れていない中、決断に躊躇したが
0か1のフラグが立つならば、
1で挑戦してみて達成出来ないのなら
諦めもつくが、0で何もしない状態では
諦めも現れない。


自分自身の目で見て
確かめたく、意を決して大きく
移動する事にした。


快調なシルバーの機体により、


AM 6:50


グーグルマップに記したポイントに
降り立った。





放棄水田は航空写真とは異なる
状態と化していた。


これでは水生昆虫は住めない。


水田の上流へと向かう途中、





オオコオイムシに出会った。


他に水生昆虫はいないかと
探すも、ここは私が思い描く
ポイントでは無く、車に戻る事にした。


放棄水田から現役の水田にシフトし、





水草のある堀上にて
網を入れた所ミズカマキリや、





ガムシが網に入った。





此処ならナミゲンゴロウに
出会えるのではないかと、
網を掬い続けるも、入るのは
大量のミズカマキリであった。





ポイントを池にシフトし、
水面の動きを見ていた所、





波紋が広がりを見せ、
あの泳ぎの下手な甲虫は何かと
近付くと、真夏の暴君♀であった。


近くの木から落下して
溺れたらしい。


暴君♀を拾い上げ、
その樹を見上げても
樹液すら見当たらず、
他甲虫は皆無であった。


面白い出来事はさて置き、
次なる池を目指した。





この池ならナミゲンゴロウは
蛹室を作成出来るのではないか。


そんな事を考えながら、
網で池の周りを掬い続けると、
ウェーダーがサウナスーツ状態となり、
汗が滴り落ちていく。


採集を続けていれば
痩せられると独り笑いながら
本丸ナミゲンゴロウを追うも、
辿り着く事が出来ない。


AM 8:40





思い描いた場所に到着した。


此処は可能性しか感じない。


急いで降りて行き、
網を掬うも先程までウジャウジャと
網に入っていたミズカマキリさえも入らず、
小型のゲンゴロウも皆無となる。





この素晴らしいロケーションで
出会えないとは。


絶句し立ち尽くした。


戦意喪失寸前にて車に戻り、
水分補給を行う。


本命採集が頭を過ぎり、
時間的に最後のポイントを定め、
車を走らせた。


最後の地は田圃とし、





網の中には、





ミズカマキリやヒメガムシが
大量に入り、ナミゲンゴロウの姿は無かった。


本丸攻略とは行かず、
ラバーコーティングネットズームを
手放し、ウェーダーを脱いだ。


AM 10:00


汗を拭い、この地を後にした。


いつの日か時間を掛けて
この地の攻略に挑む事とし、
本命採集へと車を走らせた。


To be continued.


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



スポンサーサイト

COMMENT

どうも~! - 郡部の鬼豚

お疲れさまでした~

水陸W単独採集とは素晴らしい!
なかなかマネできないことです。

2017.08.10(Thu) 08:02 | URL
>親分 - セーケン

どうも~♫

>お疲れさまでした~

来夏はご一緒して下さいね~!

>水陸W単独採集とは素晴らしい!
>なかなかマネできないことです。

いやぁ、採れなかったら何の意味もないです。。。

ちょっと本気で本命採集頑張ります!!

2017.08.11(Fri) 20:12 | URL
そういえば、 - もぐりー #/KwPR6nA

先日、テレビでタガメの話があってましたよ。
とても面白かったので、ぜひセーケンさんも観てください。


「香川照之の昆虫すごいぜ!特別編」
→の「URL」から飛んでください。

2017.08.17(Thu) 14:29 | URL | EDIT

↑