死亡遊戯採集

2017.7.15
PM 10:30


単独、
本命採集に出掛けた。


現地にて気温を確認すると、
25℃の表示となり、
月は半円が雲に隠れたりする夜。


その本命が生息する樹まで
薮を掻き分けて進む途中、
立派な蜘蛛の巣が張られ、
私以外の採集者が直近でいない事を知る。


樹まで20m程手前で
樹液の香りが漂い、
期待を抱きながらその樹を
下からそっとライトを当て、
徐々に上へと上げていく。


すると、見慣れた個体が
のさばり、角を上下に動かしていた。


1つの見落としもしないように
ライトを照らし、本命オオクワガタの
姿を探すも見当たらず、
携えたラダーを伸ばし、樹上に登る。





先程の見慣れた彼らを横目に、
小洞や捲れをチェックする。





潜んでいた個体を取り出し、





リリースする。


この有望な樹には、





後から樹液の匂いに
誘われて飛来したこの♂以外に
特筆すべき事は無かった。


車に乗り込み、
第2ポイントを目指す。


その樹を目指すには、
文字通り薮を泳がなければならない。


背丈を悠に超える薮を掻き分け、
辿り着くと、幹這いのヒラタクワガタ♂を
確保した。


あまりの呆気なさに
写真は撮り損ね、
目線の捲れに光を注ぐと、





ドルクスの姿を捉えた。


私はいつも心の中で宣誓する。


捲れや洞を壊さずに
採集者シップに則り、
挑戦する事を。


捲れや洞に逃げられた場合、
自身の敗北としてその場を去る事を。


採集シーズン真っ只中、
モラルを皆に共有したく、
敢えて文言を遺す。


捲れ内部はとても長く、
奥に逃げられないように
二本の掻き出し棒を
取り出し、お尻を刺激すると
その主は当然上へと移動する。


捲れが行き止まりであれば
無謀な策だが、私は知っている。


その先に出口があり、
その抜け道から頭を覗かせる
瞬間を狙う。





作戦は功を奏し、
何とか取り出す事が出来た。





この樹は蔦が巻き、
樹の枝も足場を掛けられる
構造の為、ラダー無しで樹に登れる。


毎度入る洞を覗くと、





ドルクスを捉え、
正面から光を注ぐ。





顎の形状から本命では無いが、
取り出しに掛かる。


取り出した瞬間掴み損ね、
薮に落下した為、樹を降りて
探すも見当たらない。


逃げ惑う足音を聞こうと
耳を欹てても聞こえず、
樹上からの落下地点を
再度確認すると、蔦に引っ掛かっていた。


拾い上げた個体は
中々の良型となる
ヒラタクワガタ♂





再び樹に登り、
次なる捲れを覗くと、





赤い腹部が目に入った。


ノコギリクワガタが潜り込んだかと思い、
掻き出し棒を入れると、捲れ奥に
逃げ込んでしまう。


捲れ上部の少しの穴から
掻き出し棒を一本挿し、
一進一退の攻防の結果





赤い上翅のヒラタクワガタを
抜き出す事に成功した。





更に上部を見上げると
樹液を確認し、更に樹を登る。





中を覗くと、主が見えるが
樹の細さからサイズは小さくなる。


洞からお尻を刺激せずに顎に
掻き出し棒を引っ掛かけようとするも、
主は奥へと消えて行った。


この勝負は私の負け。


そう思いながら樹液場を
よく確認すると、行き止まりと
思った内部はトンネルであり、
先程の主の姿が見えた。





これならと再び格闘し、





この樹一本で5頭の
ヒラタクワガタ♂を採集した。





樹を登り各階で格闘する
死亡遊戯的採集を終え、
第3ポイントを目指した。


To be continued.


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



スポンサーサイト

COMMENT

大漁 - もぐりー #/KwPR6nA

一本の木から5匹のゲットは凄いです!
ただ、一緒にメスもゲットしたかったでしょうね。
第三ポイントでは、本命をゲットできるのかドキドキします。

2017.07.17(Mon) 17:27 | URL | EDIT
>もぐりーさん - セーケン

おはようございます。

>一本の木から5匹のゲットは凄いです!
>ただ、一緒にメスもゲットしたかったでしょうね。

遠征採集で1本の樹から5頭採集したので
あまり驚きはありませんが、
死亡遊戯のようで楽しかったです。

累代はしないので♀が居なくても平気です。

>第三ポイントでは、本命をゲットできるのかドキドキします。

楽しみにして頂き、
有難うございます。

2017.07.18(Tue) 07:20 | URL

↑