ninth

タランドゥス84.6mmを種親とした
産卵ボトルに食痕が目立ち始め、
私の投入サイズに見合い割り出す事にした。





菌糸の状態が良いと
詰めてから半年を越えても
産卵ボトルとして使用出来る。





産卵ボトルとして利用するのであれば
寝かせたカワラの方が菌糸に巻かれる
リスクも回避出来る。





84.6mm♂×53.6mm♀のセットは
幾度もペアリングし、産卵させている為





採れても5~6頭と予想していたが、





この加齢仕立ての
ホワイトフルフェイスにて
9頭を確保し、





カワラボトルに投入した。


作業後、ボーリンフタマタの
採卵プリンカップを覗くと、





9頭目の孵化を確認した。


先のタランドゥスの9頭といい
ラッキーナンバーは9か。


瀕死の♀を伺うと
採卵プリンカップにある
最後の卵で終幕となりそうである。


二桁となる10頭目の孵化を
気長に待つ事とする。


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



スポンサーサイト

COMMENT

大漁! - もぐりー #/KwPR6nA

これは大漁でしたね。
ボトル産卵で9匹は凄いと思いますよ。

2017.05.22(Mon) 15:25 | URL | EDIT

↑