円滑ワンプレス

vivids ssp.に到着すると、
目に入ったのはレギウスの
蛹化であった。





頭部が見えてから
一体どの位の時間で
蛹に変わるのか、気にしながら
タランドゥス84.6mmの
ボトル産卵にて幼虫を6頭
目視した為、





カワラタケを調達し、
億劫で仕方の無いボトル詰めに
着手した。


そう言えば、
以前ホームセンターにて購入し、
加工した塩化ビニールパイプを
利用したガイドパイプを作成した事を
思い出し、押入れを弄り、
今回使用する事にした。





800ボトル用のガイドパイプを
装着し、崩したオガを詰め込み、
プレスする。


勝手が解らず、
スケールにて測りながら
詰めていった。





558g


600gを上限に決め、
次第に慣れていくと、





大凡目標の値を量産する事が
出来るようになった。


こまめに何度もプレスすると、
下層部と上層部での圧縮比は
同等にならぬ為、ワンプレスは
有効と解釈している。





糸鋸でカットするのは
大変だったと思い出しながら、
1400ボトル用のガイドパイプを
取り付け、目標上限1000gに設定すると、





一発でピタリ賞となる
1000gが表示された。


大橋巨泉が健在なら、
ホールインワン賞が頂けるか。


そんなくだらない事を
考えながら、ふと横目に見ると、





レギウスが幼虫の殻を
脱ぎ去っていた。


所用時間は約一時間。


貴重な蛹化シーンを
目撃出来た事と、
ガイドパイプを利用して
効率的且つ時短に繋げ、
カワラタケ詰め作業は円滑に
完了させる事が出来た。


達成感この上ないと、
充実した作業に酔いしれながら、
vivids ssp.の扉を閉めた。


※オークションにてファブリースタカクワイ、黒ドンキ出品中


">


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



スポンサーサイト

COMMENT

ガイドパイプ - もぐりー #/KwPR6nA

このガイドパイプは良いアイディアですよね。
虫社とかで販売したらバカ売れしそうな予感が!(笑)

2017.04.27(Thu) 10:14 | URL | EDIT

↑