最大孵化数

菌糸ブロックを崩し、
ボトルへ詰め込むだけでは
時間が勿体ない為、
ボーリンフタマタの監視下
ペアリングを行う。


PM 10:47


今まで♀を殺めに
向かうばかりの支援頂いた♂が
本日は違っていた。





菌糸を詰める音や
室内の灯りなど気にもせずに


PM 10:52


漸く交尾に至った。





34分間の交尾を終え、
雌雄は離れ歩き始めた。





前年は6頭の孵化止まりであったが、
今季も同じ6頭目の孵化に
なんとか漕ぎ着けた。





雌雄の成熟度、
そして産卵材のバランスが取れる時、
孵化率が右肩上がりとなる。


そんな気がする。


この好調の追い風に乗るべく、
先日クマモンさんから頂いた
オオクワガタカワラ材飼育で
使用された材を加水し、





乾燥気味の産卵マットを
ブラックボックスに敷き詰め、





その上にその材を置き、
再び同マットで埋め込んだ。


狙いは二つ。


青黴発生防止と
材の加水調整となる。


表面産みのフタマタは
しっかりと加水する必要は無い為、
短時間の加水とは言え、
万全を期す事にした。


折角なので
予め購入しておいた
ナラ材4本も加水し、





青黴を防ぐ為、
微粒子マットを擦り付けた。





その4本もマットで埋め込み、





交尾した♀へ備える。


自身の最大孵化数6頭を
超える事が出来るか、
頃合いを見て備えた材で挑戦する。


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



スポンサーサイト

COMMENT

ぽよ〜ん。 - dap #NPJW3dsU

昨年越えの成果を期待する!
それは頭数ではない。
コスパ!
獲得頭数 ÷ 投資額
これが伸び悩むとvivids ssp.の未来が見えない。

2017.03.27(Mon) 22:45 | URL | EDIT
>dapさん - セーケン

ぽよ~ん。

>昨年越えの成果を期待する!
>それは頭数ではない。
>コスパ!
>獲得頭数 ÷ 投資額
>これが伸び悩むとvivids ssp.の未来が見えない。

仰る通りですね。

先日、クマモンさんの前で弱音を吐いてしまいました笑

二桁孵化が当たり前になるように
相棒と頑張っていきます!!

しかし難しい!!

2017.03.28(Tue) 01:56 | URL
マットを - もぐりー #/KwPR6nA

材にマットを塗り込むのが重要なんでしょうね~。
私は面倒でやってませんでした(汗)

2017.03.28(Tue) 12:44 | URL | EDIT
>もぐりーさん - セーケン

こんにちは!

>材にマットを塗り込むのが重要なんでしょうね~。
>私は面倒でやってませんでした(汗)

これをしないと青黴が発生して
余計厄介になります笑

2017.04.02(Sun) 12:09 | URL

↑