ガラス効果への期待

2016.11.23に投入した
ババオオゴンオニクワガタが
大暴れする前に、交換する事にした。





転がり出るは♀と思しき
個体であり、





スケールは13.6gを
表示する。





そしてマツノスタイルと
謳った、ガラス瓶に詰めた
カワラタケが漸く菌が回り、
♂を1頭交換した。





前回の個体は26.5gと
最大予想の25gを超えたが、
この個体は如何程か。


体重測定が楽しみになりつつある
ババオオゴンオニ♂は、





25.2gと前回の個体を
上回る事は無かった。


暴れ防止策となる
ガラス瓶にて菌糸鮮度を保ち、
蛹化させる策は吉と出るか。





現在の所、前回の26.5gは
2300PETにて暴れていない為、





ガラス瓶を使用しなくても
すんなりと蛹へとステータスを
上げていけそうではあるが。


比較検証、そして
模索する事は楽しいものである。


※オークションにて採集セット、
スマトラオオヒラタ、ウォレスノコギリ、
超大型アドゥンクスフタマタ、
ムニスゼッチフタマタ、自己採集オオクワガタ、
マンディブラリスフタマタ、
タランドゥス、アルキデスヒラタ出品中



">


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



スポンサーサイト

COMMENT

良い菌糸ビン - もぐりー #/KwPR6nA

見るからに大きくなりそうな良い菌糸ビンですね。
これならビッグサイズ・・ギネス狙えますね?(笑)

2017.03.15(Wed) 11:15 | URL | EDIT

↑