ヤエヤマ超産卵と喚起

2017.1.11


ヤエヤママルバネの孵化を
確認してから約1ケ月が経とうとし、
状態確認すると、憎きコバエが
ケース内部を飛び交っていた。


赤枯れマットを劣化させてはならないと
コバエを除去し、マット内部を探る。





マット内部に線虫は確認出来ず、
ヤエヤママルバネのステータス確認を
行うと、





加齢に達せぬ
初令幼虫を確認した。





ステータスは上がっていないものの
幼虫はマットを食し、身体が青黒い。





自作桜赤枯れマットに
自信を持ちつつ、
産卵、餌と問題無い事に
深夜独り喜びを噛み締める。





マットの水分、色を目に焼き付け、
指にもその感触を覚えさせる。





少ないマットでの産卵セットには
驚きの41頭が誕生していた。





再び同じ環境下に置きたく、
マットを押し固め、





21頭を配置した。





そして残る20頭に、
プリンカップにて
成長サンプルとして管理していた
初令幼虫を加え、





合計42頭はマットに戻って貰った。


残る2セットからは、





側面に1頭、


そしてもう1セットを
ほんの少し掘るだけで





2頭が現れた為、
ヤエヤマ超産卵を把握し、
再びマット作製や飼育ケースの
見直しを迫られる。


1頭の♂に対し5頭の
♀で臨んだ日めくり産卵は
大成功となった。


マルバネクワガタと言えば
ニュースで耳にしている、
特定外来生物規制による
国産マルバネ保護へ
環境省が検討に入ると言う。


外来生物指定となれば外国産のマルバネは
新たに飼育する事は出来なくなる。


保護の蚊帳に入れば国産マルバネへの
規制にも拍車が掛かる筈。


貴重種となりつつある
マルバネクワガタ、
子供の頃からの採集への夢は
手遅れとなるのかもしれない。


飼育者のマナーアップを
このブログでも喚起していく。


放とうとするその手に大罪を、
生態系への配慮を知るべきであり、
飼育者がモラルを
持ち続ける必要がある事を
今一度自らの胸に
留めなければならない。


vivids ssp.
vivids AMG採集個体販売


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



スポンサーサイト

COMMENT

こんばんは - REGA90

結構産みましたね~

やはり産ませ上手な方にお願いして良かったです。
ボトルを用意して待ってま~す。

2017.02.07(Tue) 00:55 | URL
>REGAにいさん - セーケン

おはようございます!

>結構産みましたね~

恐らくこの倍はいますよ〜笑

>やはり産ませ上手な方にお願いして良かったです。

鬼気迫る此方の
テンションをヤエヤマ達が
汲んでくれたのでしょう笑

ボーリンもこれぐらい
孵化してくれたらいいのに笑

>ボトルを用意して待ってま~す。

10本分用意しておいて下さいね!!

2017.02.07(Tue) 08:13 | URL
こんにちは - マルバネ好き

ヤエマルの累代成功おめでとうございます!
40頭もいれば、累代は大丈夫だと思います。

ただ、マットを押し固めたという点が気になりました。
マットの詰め具合にもよりますが、普通のクワガタ感覚で詰めるのはマルバネではNGです。
ツヤクワのようにほとんど詰めない飼育法が良いです。

2017.02.07(Tue) 08:53 | URL
>マルバネ好きさん - セーケン

こんにちは!

>ヤエマルの累代成功おめでとうございます!
>40頭もいれば、累代は大丈夫だと思います。

有難うございます!!
上手くいくとは思って無かったので、
めちゃ嬉しいです笑

>ただ、マットを押し固めたという点が気になりました。
>マットの詰め具合にもよりますが、
>普通のクワガタ感覚で詰めるのはマルバネではNGです。

それをお聞きし、
昨夜急いで確認しました!

次の記事で綴りますね!!

>ツヤクワのようにほとんど詰めない飼育法が良いです。

ツヤクワガタですね!
勉強になります!!

2017.02.08(Wed) 19:18 | URL
難関種 - もぐりー #/KwPR6nA

難しい種でもサラリと産ませるとは・・セーケンさん、恐ろしい!(笑)

2017.02.14(Tue) 15:06 | URL | EDIT

↑