温度差の成長と材コントロール

午前中に手配した
カワラタケ12ブロックが
届き、冷蔵庫に押し込む。





明日まで冷やしてから
詰める事とする。


温度帯、20℃帯と
25℃帯に分けて飼育し、
何方が適合するのかを見極める為、
フォルスターキヨタミと
デタニヒラタ、ヒペリオンssp.の
三種で試しており、本日は25℃帯
ヒペリオンssp.の成長を確認する。





20℃帯に比べ
成長速度は歴然たる差、





13.9g





20℃帯では漸く
3令に加齢した所であり、
25℃帯では間も無く蛹化を
迎える体色をしている。





12.8g


♀は既に羽化している
個体も確認出来た。





20℃帯の個体全てが
羽化した際、総評を述べる事とする。


そして、難関ボーリンフタマタの
加水させた材の湿度調整にて
ドラッグストアで
貯めたポイントにて入手した。





ボーリン♀が好む材は、
固めで其れ程湿っていない材となり、
その調整が非常に困難である。


食器乾燥機も検討したが、
現在の財力では到底導入には
程遠い。





温風を当て、適度な状態を
作り上げられるのであれば、
このドライヤー導入も吉となる。


材コントロールで活躍してくれる
ショッキングピンクなツールを
多用し、ボーリン孵化率向上に
貢献させる。


vivids ssp.
vivids AMG採集個体販売


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



スポンサーサイト

COMMENT

どうも~♪ - masa

♂は16g行けばかなり期待できるはず。♀は小さすぎて知らん(笑)我が家の第二セットは割り出し後SSPに持っていくよ。

2016.12.12(Mon) 08:54 | URL
>まっさん - セーケン

どうもどうも〜♬

>♂は16g行けばかなり期待できるはず。
>♀は小さすぎて知らん(笑)

意外に16gって難しいラインかも。
今年こそギネス奪取するぞ!!

あ、私はヒマラヤコクワガタで笑
間に合わないだろうが笑

>我が家の第二セットは割り出し後SSPに持っていくよ。

おう!
君が持ってこないから
ヘラクレスに陣取られてるよ笑

持っておいで〜!

2016.12.13(Tue) 07:58 | URL
冷却 - もぐりー #/KwPR6nA

菌糸を冷やすのが難しいので、
ウチでは菌糸を使う機会が激減してます(汗)
なので、私はマット飼育で頑張ります(笑)

2016.12.21(Wed) 23:25 | URL | EDIT
>もぐりーさん - セーケン

こんにちは!

>菌糸を冷やすのが難しいので、
>ウチでは菌糸を使う機会が激減してます(汗)
>なので、私はマット飼育で頑張ります(笑)

マットの方が良かったりしますからね、
ヒマラヤコクワガタはマットの方が良いです!

2016.12.27(Tue) 11:41 | URL

↑