比較最善策

採集熱から飼育に回せなかった時間を
取り戻すように、夜な夜な作業を
続けている。


今回は2016.5.27に菌糸投入した
ファブリースタカクワイの
ボトル交換に着手した。


投入した菌糸は
ヒラタケ2種とカワラタケとなり、
先ずはヒラタケに手を伸ばした。


幼虫の居場所を目視し、
スプーンで掻き出す。





印象は普通。


特段強調する面も無く、
スケール測定を行う。





14.9g





12.3g





17.3g


他の個体も同じ様な印象であった為、
掲載は割愛する。


次にカワラタケボトルを
手に掛ける。





印象はヒラタケに比べ太い。





23.6g


ムニスゼッチフタマタに続き、
カワラタケが大型化への
最善策かもしれない。





17.9g


先程のヒラタケ17g台とは
肉厚が明らかに異なる。


そして土化したカワラタケボトルから
最高個体が現れた。





スケールに乗せる際に
実感するカワラタケ実力値は、





24.7gを記録した。


ザ・ノコギリの赤い顔、
太い顎を素晴らしいカワラタケボトルに
投入し、大型羽化を狙う。


ヒラタケとカワラタケから
非核三原則ならぬ
比較最善策が把握出来た。


マット飼育での比較は
行っていない為、現段階で
総評を述べるには時期尚早となるが、
我が家のファブリース路線は
カワラタケ採択で決定する。


今回のボトル交換で
大型羽化を目指す。


※オークションにてタランドゥス♂、
レギウス♂、ヒペリオンssp、出品中



vivids ssp.
vivids AMG採集個体販売


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



スポンサーサイト

COMMENT

- もぐりー #/KwPR6nA

カワラのポテンシャルが高いのか、カワラが合っていただけなのか、
はたまたセーケンさんのゴッドハンドが発動したのか、
正解を推察することが楽しいです(笑)

2016.09.08(Thu) 08:25 | URL | EDIT
>もぐりーさん - セーケン

こんにちは!

>カワラのポテンシャルが高いのか、
>カワラが合っていただけなのか、
>はたまたセーケンさんのゴッドハンドが発動したのか、
>正解を推察することが楽しいです(笑)

カワラタケが合っていたと思います!
また、カワラタケの品質が良ければ
更に良かったと思います笑

私にゴッドハンドは
宿っていません笑

2016.09.13(Tue) 13:28 | URL

↑