原点採集地

2016.4.9
AM 6:00


予定通りにmasaさんが
到着した。


急いで荷物を乗せて
私が小学生の頃にオオクワガタを
採集した地へと車を走らせた。


採集した頃とはかけ離れた風景、
即ち大規模な樹液樹伐採により
もうオオクワガタは
居なくなってしまった。


そう解釈していたが、
その周辺では密かに
生息を続けているのではないのか。


この疑問を払拭する為、
採集相棒masaさんが
私の話に乗ってくれた。


原点採集地に到着すると、
肌寒くもう一枚上着を欲した。


その原点地の樹液樹を
見上げる。





残ったのは3本となり、
上部に部分枯れ、洞、捲れも無く、
本命生息は絶望的となる。


その原点地を中心に
地図で本命生息を探る。


車を走らて良さそうな場合に
停車させる。


採集ウェアを着て
採集装備を施し、
相棒に声も掛けずに
山へと足を踏み入れた。


直ぐさま良さそうな
倒木が目に入った。





上部はボロボロと乾燥で
クワガタの姿は無く、
根部側から食痕が現れ、
その主と対面した。





ポピュラーな彼らであり、
隈無くこの樹をチェックするものの
クワガタが現れる事は無かった。


斜面を登り尾根を目指す。


雰囲気的にジメジメと
シダ植物が広がり続け、
とても本命が現れるとは
到底考えられない。


そんな地が続いた。


陽の当たり方も悪く、
暗い山の中を歩き続けていると
相棒から連絡が入った。


内容はこの地の環境と
本命生息は薄いといったものであり、
頷きながら数分後に合流した。


二人して本命を探しながら
歩くものの、手応えはまるで感じられず、
車へと戻りながら良い材を探した。


車に戻る途中、かぶさんから
連絡が入り、合流する為
公園へと車を走らせた。


30分後に到着とあった為、
地図を睨んでいると、
かぶさんが現れた。


かぶさんは電気屋、
masaさんは農協の格好であり、
私だけ浮いた格好にほくそ笑んだ。


かぶさんが持参した地図を元に
再びポイントを絞り、
車を走らせた。


到着し、山へと足を踏み入れる。


先程の山の感じと
全く変わらない。





ジメジメとした感覚は続き、
材も良い朽ち方はしない。


これでは採集には至らないと、
陽の当たる場所を探して歩く。


立ち枯れ、倒木、全てと言って
過言ではない程、この食痕が走る。





オオゴキブリのそれであり、
その姿はお見せするものではないと
割愛させて頂く。


スタート地から反対の
山の裾まで歩き、
この地を見切り車に戻った。


お昼近くなり、
次なるポイントへと向かう。


山道の悪路に相棒は
臆病風が吹き荒れる。


パンクを心配しながら
辿り着いた場所は、
私が小学生の頃、
原点相棒と訪れた池であった。





水生昆虫を採集しようと
この池に足を入れて、
水ビルに吸血された過去を
思い出した。


降り立ち、立ち枯れに目が行き
斧を一閃させる。





ポピュラーな3令が現れる。


材の朽ち方が悪過ぎると
斧を仕舞う。


この周辺にも本命生息を
耳にした事があるが、
現経験値からすれば
この地には生息していないと
判断出来た。


早々に見切りを付けて
車に乗り込み、行きで通った道で
気になる場所があり、
停車して貰った。


車から降りて確認しようと
歩いてみるものの、
雰囲気は悪く車に戻ると、
老人から声を掛けられた。


話をしていると、
この地域にてオオクワガタは
今でも採集出来ると言ったものだった。


その方は資料館の方であり、
お願いしてその館内に
入れて頂くと、標本箱に
甲虫が展足されていた。


オオクワガタの表示に
ヒラタクワガタ♂があり、
このレベルかと落胆し、
その隣の灰色の泥が付着した
巨大な♀をよく観察すると、
オオクワガタであった。


WD♀ギネスではないかと
50mm近いサイズに三人驚いた。


そして右隅に小歯のオオクワガタ♂が
展足されているが、採集ラベルは
昭和37年であった為現在の
生息を確認するものでは無かった。


三人で御礼を述べ、
よく喋る、息継ぎを見せない
老人に辞去した。


To be continued.


vivids ssp.
vivids AMG採集個体販売


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



スポンサーサイト

COMMENT

- もぐりー #/KwPR6nA

昔の採集地に行くのは、
とてもワクワクでしょうね。
ポピュラーな彼でも、
居てくれてありがとうと言う気分では?(笑)

オオクワ名義のヒラタで笑ってしまいました(笑)

2016.04.11(Mon) 04:23 | URL | EDIT
>もぐりーさん - セーケン

おはようございます!

>昔の採集地に行くのは、
>とてもワクワクでしょうね。
>ポピュラーな彼でも、
>居てくれてありがとうと言う気分では?(笑)

そうですね、本音はひっそりと
暮らしていた本命と出会う脚本でした笑

>オオクワ名義のヒラタで笑ってしまいました(笑)

よくあるオチかと思ったのですが、
私も採集していたので展足されているとは
思いましたが、♂はヒラタでした笑

しかし♀は大きかったですよ~、
菌糸で飼育してない時代なので、
脅威的なサイズと思います。

2016.04.12(Tue) 08:05 | URL

↑