好調の恩恵

2015.11.16に穿孔した
レギウス49.6mm♀のカワラ材を
暴く事にした。





同居期間からセット後
穿孔まで時間が掛かった個体であり、
それ程期待もせずに穿孔屑を避けていくと、





黒い肢体が動き、





♀の無事を確認した。


穿孔屑の詰まりから
卵が産み落とされる場所を想定し、
材を捲ると、





メソトプス特有の
緑色卵を確認出来た。





飼育部屋の温度が安定する前は
産卵させる事自体を難しいと考えていたが、
現在では産卵温度25°Cで♀は産み、
幼虫は22°Cでスクスクと育つ。


クワガタ飼育は温度を安定させる事で
結果が大きく異なると実感する。


好調の恩恵は
vivids ssp.ルームに在り。


卵の色と大きさと張りといい、
無事孵化に至るであろうと
想像が付く。





全て採卵を終え、
合計10個の卵を回収した。





その内の一つは、
色が悪く孵化には
至らないであろう。


♀には労いのゼリーを与え、
孵化を心待ちにする。


vivids ssp.
vivids AMG採集個体販売


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



スポンサーサイト

COMMENT

- もぐりー #/KwPR6nA

産みましたね、おめでとうございます!
やはり材の質は産卵数に直結するんですね。

2015.12.03(Thu) 02:07 | URL | EDIT
>もぐりーさん - セーケン

おはようございます!

>産みましたね、おめでとうございます!
>やはり材の質は産卵数に直結するんですね。

産んで頂きました!
今回の材はクマモンさん印では無く、
他のカワラ材でした。

産卵数は♀の状態を
どこまで最適化出来るかだと思います。

そして、材と環境が整うと
産卵数が伸びます。

ゲルツルード、多産すぎます笑

2015.12.04(Fri) 08:11 | URL

↑