Allotopus rosenbergi

帰宅すると、待望の
注文物が届けられていた。



IMG_67651.jpg



はやる気持ちを抑えながら
開梱すると、丁寧な梱包で
安堵感が身体を包み始めた。



IMG_67572.jpg



緩衝材の中には大型な
プリンカップが2個と
小ぶりなプリンカップが2個
入っていた。



IMG_33883.jpg



西ジャワ・ハリムン産
ローゼンベルグオウゴンオニクワガタ



なんて響きの良い名前なのか。



♂76mm×♀52mm
♂64mm×♀47mmの2ペアが
無事届けられた。




早速プリンカップから
取り出してみた。



IMG_82014.jpg



♂76mm



顎は独特で特殊工具のようだ。


体色は乾燥していると
更に黄金色に変色し、
湿度が高いと黒付くようで、
ヘラクレスと同じようだ。



本日は一日中雨の為、
全体的に黒っぽく感じた。



IMG_98626.jpg



♂64mm



IMG_50977.jpg



♀52mm



こちらは上翅に傷があるが、
累代には影響が無いと思っている。




♀47mm



IMG_31798.jpg



私はこちらの♀の方が
小さいが好みだ。



詳細情報としては
現地飼育品であり、
累代表記が解らなく
羽化後約1ヶ月とあり、
暫くは単独での時間を過ごして貰う。



これでレギウス・タランドゥスを含め
カワラ3本柱が確立された。



先輩飼育者に尋ねながら、
気品溢れる種を絶やさぬよう
飼育に没頭する。



IMG_14309.jpg




にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



スポンサーサイト

仲睦まじく

親しくさせて頂いている方から
譲り受けたタランドゥス

♂78mm×♀51mmを同居させているが
とても仲睦まじく、常に♂は♀の傍にいる。



IMG_65761.jpg



よく見ると♂の生殖器は
ほぼ出たままとなっている。



IMG_42002.jpg



私自身が焦らず、
次世代に繋げていく。



そして本日は楽しみが
待っている。



にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



水彩画の模様

いつものようにゼリー交換を
行っていると、グッタリして
動じないヒメオオクワガタを
目にした。



ケースに指を入れて確認すると、
永遠の眠りに就いていた。



IMG_441211.jpg2013/9/9
25年振りの再訪地にて
採集に至った
感慨深い個体。



採集時から生命力を
感じなかったが、
ひと月経つと生命力が蘇えり
その後産地が異なる♀と同居していた。



ヒメオオクワガタ



言葉にして霞み出す程の記憶



そして、
子供の頃の記憶を水彩画のように
淡く乱雑なタッチで取り戻す。



にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



終令の潜在性

2014/1/5
遠征初日採集個体

瓶交換を行った。



IMG_68531.jpg



3令採集で帰宅後の計測は
16.8gと大型での採集で
あった為、その後の伸びは
さほど期待出来るものでは
無かった。



慎重に、慎重に掘り進めて行き、
スプーンが身体に接触しないよう
気を付けながら居座る場所を目指した。



IMG_43272.jpg



逞しい背中を見ると
自ずと期待が膨らみ始めた。



顎で身体を噛まないように
持ち方に気を付け、スケールに乗せた。



IMG_09153.jpg



22.4g



48日間で驚きの5.6g増を
記録し、目標としていた
WD採集個体20g超えを果たした。



水分過多のクヌギ倒木から
新鮮な栄養ある菌床を得た為とは言え、
3令からのこの伸びは、私が今現在
飼育する他の産地での採集個体と
比較にならない。




この地の個体は、大型化となる
潜在性が高いのかもしれない。



また一つ楽しみが増え、
羽化を鶴首して待つ。



にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



stinger

先日届けられた
マンディブラリス♂

計測したところ84.6mmとあった。



計測時の暴れが酷く、
画像を添付出来ないのが
非常に残念で仕方ない。



その♂のゼリーの食べ具合を
見ていると、もう少しペアリングを
控えた方が良いかもしれないと
考えたが、残りの菌床を詰めながら
♀と同じ空間に置き、
行動を観察する事にしてみた。



IMG_83241.jpg



昨日作製した足場材に
投入した♀は、親しくさせて
頂いている方から譲り受けた
ベンクール産の♀となる。



こちらを選択した理由は、
身体を持ち上げた際に
他の個体よりも軽く感じた為、
生命の灯が消える前に子孫を
残せればと考えたからである。



♂は暫く辺りを警戒しながら
徐々に♀に忍び寄って行った。



IMG_79292.jpg



♀が下手な動きを見せるのなら
いつでも叩き斬れると、
大顎の寸止めを幾度も行い、
♀に覆い被さっていった。



IMG_06413.jpg



これぐらいレギウスも
スムーズに事が運べば
苦労しないのだが。



IMG_41334.jpg




程なくして交尾が始まり、
その行為は投入から30分程で
終わると、♂は知らん顔で
♀から離れて行った。



IMG_85295.jpg



この淡白な行為には
横で菌床を詰めながら
笑ってしまった。



♂はその後、グルグルと
飼育ケースを歩き続け、
先程交尾した♀と接触しても
徹底しているのか、知らん顔で
透明なケースに脚を
バタつかせていた。



この淡白な♂には、
累代への希望をより大きな
ものへと変化させてくれた。



控えている♀にも
忍び寄るスティンガーの
活躍を期待している。



にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



充実した傾倒日

以前、殺戮の丘で入手した
伐採木を使い、ペアリング用
足場を作製する事にした。



IMG_63391.jpg



鋸で適当に輪切りにする。



IMG_67462.jpg



寒空の下、汗を流しながら
鋸を引く姿はご近所様から見れば
異様な光景に違いない。



我が道を進み、
一先ず5枚の足場を作製した。



夜には注文し届けられた
菌床を、鮮度が決め手と呟きながら
6ブロックを詰める事にした。



IMG_05833.jpg



約2時間掛け、800×5本
950×2本、1400×12本を詰め終え、
合計19本をこれまた汗を流し、終えた。



IMG_56174.jpg



詰め終えた爽快感から
本日2本目となる第三のビールを
喉に流し込み、先日ホームセンターで
購入した厳選クヌギマットを
飼育ケースに敷き、マットプレスを
行った。



IMG_97085.jpg




購入前の思惑通り、
マットはロードローラーに
プレスされたかの如く
敷き詰められた。



その飼育ケースに
本日作製した足場材を
投入し、レギウスWWを
ペアで投入した。



IMG_52576.jpg




本日程充実した、飼育に傾倒した
日は今まで無かったかもしれない。



達成感に包まれながら、
採集に出掛けたい気持ちが
溢れ、喉から出た手が斧を
掴もうとしている程だ。



にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



水面下の代物

先ず初めに、昨日の記事
掲載した遠征採集個体の成長に
ついて、喰いではなく暴れでは
ないかとのご指摘を下さった皆様、
有難う御座います。



私も掲載しながら、暴れの含みを
入れなかった点についてお詫び致します。



そして、ご教示頂いた方には
深く御礼申し上げます。



さて、本日帰宅すると、
水面下で動いていた
代物が届けられていた。



IMG_97101.jpg



送り主は優良品を取り揃える
京都ブレッセ。



私が飼育している
マンディブラリスフタマタの
♂が先立ち、♀が4頭いる事から
オークションも含め♂単品での
物色をしていたところ、
九州のショップでペアでの
販売に辿り着いた。



購入ボタンに人差し指が
乗りかけたその時、
私が飼育している
マンディブラリス♀は、
親しくさせて頂いている方から
譲り受けたベンクール産×1と
パダン産×3頭となり、
このパダン産はブレッセでの
幼虫購入個体という事を思い出した。



ダメ元でリンクさせて頂いている
カーケーさんに、ブレッセに♂が
存在するかをお聞きしたところ、
ブリード物なら発送可能と
ご返信頂き、やり取りの仲介を
最後まで行って頂いた。



はやる気持ちを抑えつつ、
開封を行うと、同時注文していた
レイシ材×2と巨大な顎が目に入った。



IMG_043622



プリンカップに手を掛け、
掌に乗せた。



IMG_63273.jpg




♂は威勢良く顎を振り上げ、
威嚇を行ってきた。



早速明日にでも
同居を試みる事にする。



IMG_91844.jpg



※カーケーさん、この度はお忙しい中、仲介を最後まで行って頂き、誠に有難うございました。
 お陰様で素晴らしい個体を手に入れる事が出来ました。

※ブレッセ様、私の望みを叶えて下さり、誠に有難うございました。訪問させて頂いた暁には、
 第二回大人買いを実行させて頂きます。今回のご対応、誠に有難うございました。



にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



45日間の成長

2014/1/5
新年遠征採集個体

驚きの喰いっぷりの為、
交換する事にした。




IMG_37601.jpg




45日間で950瓶をほぼ
完食した事になる。



上部にいた為、掘出しは
非常に楽だった。




IMG_87362.jpg




早速体重測定に移った。



IMG_65133.jpg



16.2g



採集して測定した前回は
14.2gであり、2gの増量となった。




遠征初日採集個体も直に
喰い上がってくる為、
交換が間近であり、両頭共
巨体での採集もあって、
羽化をとても楽しみにしている。



1400に移し、しばしの
別れを告げた。



IMG_13594.jpg



にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



GERWALK MODE

親しくさせて頂いている方から
蛹で譲り受けたタランドゥス♂が
羽化していたが、ギラファで懸念
されたGERWALK MODEで停止していた。



IMG_74241.jpg




慌てて瓶から取り出し、
そっと手に乗せた。



IMG_14252.jpg




頭部に貼り付いた蛹の
殻を見ると、ツイストクワガタ
彷彿し、不安に駆られた。



顎ズレは免れないと
思われるが、頭部が
正常な位置で固まって
くれるのを祈る他ない。



IMG_18093.jpg



追記



AM 7:00



IMG_353155.jpg



なんとか無事に経過していくと
思われる。



にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



ESCALADE

ギラファノコギリで
熱くシャッターボタンを
押しているその隣で、
いつの間にか悠然と羽化を
果たしたスマトラオオヒラタが
その存在感を露わにした。



IMG_70331.jpg



最終体重40.1gが
どのサイズで固まるのか、
とても興味深い。



蛹室の先端から覗くと、
それはガレージに潜む
CADILLAC ESCALADEの如く、
圧倒的な威圧感まで感じてしまう。



IMG_28162.jpg



蛹の状態では
腕組みをしていると
錯覚してしまう程、
これまで私が見たクワガタとは
異なり、強烈無比なるフォルム。



帰宅後確認すると、
身体の色も褐色へと
移ろいでいた。



IMG_69993.jpg




計測が待ち遠しい種となる。



にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



蛹室の設計精度

AM 6:00



目覚ましが鳴ると共に
急いで羽化間近の
ギラファノコギリの下へと
駆け寄る。



IMG_17211.jpg



AM 2:30に眠りに就いた為、
重い瞼を擦りながら目を
見開くと、既に羽化が始まっていた。



観察していると、
右肩上がりの蛹室を
緩やかに少しづつ歩いていた。



IMG_85192.jpg



後翅も畳みながら
歩いて行く。


IMG_38213.jpg



やがて登り切ると
後脚で体重を支えながら
顎を振り抜こうとしていた。



IMG_12314.jpg



AM 7:10



ここで泣く泣く
会社に向かった。



PM 11:30



会社から帰宅すると、
私の手も借りず
自ら顎を伸ばし切っていた。



IMG_08435.jpg



仮説になるが、
蛹室の傾斜を利用し、
後脚で踏ん張りながら
頭を上げ顎を伸ばしたと
思われる。


顎を伸ばす瞬間が
観たいものだ。



この個体の蛹室の設計は
見事な物であり、1900瓶での
無事羽化が確認出来た。



IMG_06286.jpg



疲弊した身体に蓄積された
ものは即座に吹き飛び、
独り祝いの麦酒を流しこんだ。



今回の蛹は無事羽化完遂したが、
飼育中の個体には蛹室の
設計に首を傾げるものもあり、
必ずしもこのサイズの瓶で
羽化が成功するとは限らないと
感じている。



以後の羽化報告も
随時行っていく。



にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



果てぬ構想

ギラファノコギリクワガタが
間も無く羽化を迎えようと
しており、覗く度に深呼吸を
するかのように身体を動かしている。



もう少し早ければ
羽化記事を掲載する所だが、
こればかりは仕方がない。



本記事は、本日ホームセンターと
100均で購入したアイテムを
ご紹介させて頂く。



IMG_69501.jpg



左は100均のマドラースプーン。
このスプーンが安く、私にとって
一番使い易く2本購入した。



右は産卵時のマットとして
ホームセンターで購入。



いつもは10Lのマットを
購入している為、11L表記は
得した気持ちが芽生える。



この昔ながらの粉砕マットが、
そしてこのマットの色が好きで
手を伸ばしてしまった。



そして同じホームセンターで
何気なしに発見したのが、



IMG_67012.jpg



羽子板(左側)と
座金付きボルト(右側)



本来の使用方法は
全く見当が付かないが、
羽子板を見つけた時に、
この強度はカワラボトルに
対抗出来ると考えた。



IMG_12083.jpg



ほんの少しの加工で
素晴らしいアイテムに
化けると思われる。



IMG_74624.jpg



そして座金付きボルトは、
マットを固める際に使用出来る
と考え購入を決めた。



IMG_02045.jpg



この重量感も丁度良く、
詰めの効率が上がりそうだ。



IMG_23486.jpg




羽子板と座金付きボルト共、
グリップ部に更なる加工を
行えば、飼育ツールとして
活躍するに違いない。



構想は果てない。



にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



ブロック飼育解体

2014.1.17に記事にした
期待のスマトラオオヒラタ♂
54.4gの動向が気になり続けていた。



それは初の試みである、
菌床ブロックにそのまま
投入した事であった。



飼育ケースの上部から、底から、
側面からどの角度から見ても
全く幼虫が喰い進む気配を
感じられなかった為、
ブロック解体に踏み切った。



力を込めると4つのピースと
なり、不安を浮かべながら
幼虫を探す事にした。



IMG_05271.jpg



菌糸の状態を見ると
美味しそうには映らなかった。



IMG_21572.jpg




全く食痕が見えず、幼虫を
投入した中心部に手を掛けると、
ポッカリと空間が開き、蛹の
お尻と脱ぎ去った幼虫の仮面が
目に入った。




IMG_44343.jpg



安堵の吐息をつきながら
マスクを拾い繁々と眺めた。



IMG_43974.jpg



なんて大きな
頭なんであろうか。



マスクを置き、菌糸を確認すると
このブロックではほとんど食さず、
投入と同時に蛹化スイッチが押され、
さっさと蛹室を作成してしまったと
考えられる。



暴れた形跡が無く、54.4gで
蛹になってくれていたようなので
気持ち的に「まぁ、いいです」



蛹の全貌を明らかにしようと
思い立ったが、新車のベールに
包まれた感があるこの写真が
撮影出来た為、これ以上の
解体は取り止めることにした。



IMG_42395.jpg



顎の太さに痺れながら
飼育ケースの蓋を閉じ、
一番奥に仕舞い込んだ。



にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



バルキリーの行方

フローレス島産WF1♂の頭部が
黒ずみ、顎は小豆色へと移り
変わってきた。



IMG_07971.jpg



注目すべき点は、
1900瓶で羽化が可能なのか。



蛹室の角度や広さは問題ないと
考えている。



バルキリーのGERWALK MODEで
足掻くのであれば、早急に蛹室から
取り出し、FIGHTER MODEへと
変形させられるよう処置を施す。



にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



ミニブラックボックス

今朝、頭には鈍痛、
身体には倦怠感に包まれる中、
1件目の作業を終え、会社に
戻ると病院に行くよう促された。



受付時間は
9:00-12:00とあり、
12:15に泣きついて診て貰うと、
症状を聞く限りはインフルエンザとの
診断で、あの忌々しい検査方法で
鼻の中の粘膜を擦り取り、
検査の結果をものの数分で
言い渡された。



検査ツールにはABCの表記が
横並びにあり、Cに黒い棒が立っていた。




インフルエンザの場合は
AかBに示しが付くと言う事で、
この節々が痛く悪寒と発熱を
繰り返す症状でも陰性であった。



主治医からは早急に帰宅し
休むように言われた為、
私が抱えている仕事をやり遂げ
15:30に会社を後にした。



熱は無く食欲はあり、
先程眠りから覚めた為、
ミニブラックボックスの
記事を掲載する事にした。



IMG_47391.jpg



店頭にあったのは
この3個であり、お店の方に
在庫の確認をしたところ
今現在はこの3個のみの販売となり、
買い占める事にした。



取っ手がピンク色と
普段選択可能なら手を
伸ばさない所だが、
このサイズの産卵ボックスが
欲しかった為、我慢する事にした。



手にした際、このクオリティで
105円とは信じられないと呟いた。



休みの日には、ヒラタクワガタの
産卵セットでも組む事にする。



にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



流行君主

今朝、会社の扉を開けると
同僚が暗黒に包まれた顔で
病院に行くと告げ、そのまま
職場に戻る事は無かった。



午後に差しかかると、
会社から連絡が入り、
ヘルプの内容を受け取る。



続々と会社の仲間が不調を
訴えているとの事だった。



夕刻になると、その真相が
明らかとなった。



故に、この記事は本来
昨日の出来事となる。



2013/11/11に採集した
個体の瓶交換を行った。



二令に加齢したばかりの
個体を、800瓶ハーフに
投入していたものが本命に
化けた為である。




IMG_63821.jpg



丁寧に、そして慎重に
菌床を掘り進め取り出した。



IMG_46652.jpg



私が予想していたよりも
小ぶりである為、拍子抜けしたが、
まだ伸びしろがある事に
期待を募らせた。



早速スケールにて
体重測定と移る。



IMG_52613.jpg



13.0g



♀にも見えるが期待を込め、
1400瓶に投入した。



IMG_84264.jpg



そしてmasaさんから
格安で譲って頂いた
菌糸瓶の同採集地個体の
詰め替えを行った。



IMG_60815.jpg



極太食痕が螺旋状に
続いていた。



IMG_30936.jpg



しっかりとプレス機で
詰められた菌床は、
私の100均スプーンを
反らせる程であった。



幼虫と対面したのは
良いが、スケールに乗せるのを忘れ、
カンタケ粗めに投入してしまった。



もう一度掘り起こすのも
ストレスを与え兼ねないと
考え、交換体重測定無しで
次の瓶に着手した。



IMG_33748.jpg



この個体は必ず測定をと、
念仏のように唱える。



IMG_37469.jpg



15.1g



自己採集個体が3令に
加齢するのは、他の産地とは
明らかに趣きが異なる。



飼育変革に乗り出した
動機にもなり、飼育は
3ヶ月餌交換を実行する事に決めた。



と、上記内容が昨日の出来事となり、
今現在の私自身の測定を行った。



IMG_197610.jpg



38.3g



ではなく、
38.3℃



恐らく会社の仲間達同様、
何型かは知らないが
悪寒と発熱を繰り返し、
話題の流行君主に
猛威を振るわれている。



HPは確実に減るが、
明日の会社の状態を
鑑みると休みを口になど出来ない。



仕事の帰りにハリーゴールドなる
ホイミクラスの飲み物を口にし、
復活を図る。



にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



二つ返事

嫁が熊本に帰省している中、
仕事と家事で切迫してきた
矢先にmasaさんとの都合が
私と合致した為、極太食痕を
見ようと本日採集の約束をしていた。



6:30



masaさんが我が家に到着し、
車に荷物を積み込み、一路
降り立った事の無い
フィールドへと車を走らせた。



その場所は私が以前から
気に掛けていたポイントとなり、
masaさんはピザまんを頬張りながら
二つ返事をくれた。



目的地へと近付くにつれ、
二人して雰囲気の良さを感じ取り、
期待に胸を膨らませた。



急斜面を駆け上がり、
材を確認するとコナラが
立ち枯れから倒木に
変わり果てていた。



IMG_47561.jpg



斧を一閃すると、
粗い粗い食痕と共に
あのお尻が目に入った。



IMG_60332.jpg



真夏の暴君の登場である。



IMG_35973.jpg



お馴染の個体も
顔を並べる。



IMG_56074.jpg



masaさんとはフィールドで
はぐれる事が多く、いつの間にか
再会すると高所恐怖症の彼が
先端の枯れた部位を削っていた。



IMG_05235.jpg



この行動には私自身が
嬉しい気持ちとなり、
近寄るとコクワガタの食痕が走り、
案の定コクワガタがお出ましになられた。



幾度も別のルートで
お互いが離れ、コナラの
巨木倒木と対峙していると、
極太食痕が現れた。



IMG_74316.jpg



期待薄で追いかけると、
樹の部位は水分でズクズクと
なっていった。



IMG_37157.jpg




視認性が悪く、
ヘッドライトを装着して
追いかけると、遂にその主が
現れた。



IMG_22898.jpg




やはりコクワガタ。



その後幾度も場所を変えるが、
進展はなく、本日の採集を打ち切った。



我が家まで送って頂き、
コーヒーを飲んで頂こうと
お誘いすると二つ返事で
上がって頂いた。



本邦初公開となる
私のブリード部屋に足を
踏み入れると、別の意味で
驚かれていた。



飼育の話を深く話していると、
熱い漢が更に熱く饒舌となり、
私自身も飼育変革の真っ最中で
ある為大変参考になるものとなった。



私とmasaさんの二人で
採集に出掛けたのが
いつぶりなのかと考えた。



まだ一年経過していない事に
驚き、気の合う仲間と知り合えた
事に喜びを感じた。



にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



皮膚組織内部

オオクワガタの地味な瓶交換を
行っていると、自己採集累代からの
個体に異変が起きていた。



IMG_56451.jpg



第一気門辺りから皮膚が
ただれている。



裏側を向けると、




IMG_45662.jpg



謎の皮膚組織内の出血か。



この個体の変遷は、
2012/11/3 初令投入
2013/3/9 4.0g
2013/6/15 16.0g
2013/11/4 16.7gとなり、
1年3ヶ月が過ぎている。



初令から3ヶ月で4.0gが
第一の異変であり、障害は
確実に背負うと思われる。



今後の動向が
気になる個体となった。



にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



時間概念

見事に齧らないレギウスWW♀に
決定的な交尾が行われて
いないのではないかと結論付け、
監視下ペアリングを実行した。



22:00



IMG_98611.jpg



無防備な♀の上に
乱雑に♂を乗せる。



22:30



IMG_35202.jpg



WWの♂は奥手なのか、
時が止まったままであった。



この少し前にゼリーに
魔法の粉末を混入させる。



IMG_24993.jpg



22:50



頭の位置を相手の尻側に
回転させた。



この行為は交尾の前兆と
聞いた。



IMG_27444.jpg



♂の動きが活発に
見え始めた為、俄然期待を寄せる。



AM 0:55



進展を見せぬまま、
私自身の明日の保身の為、
監視を中断する。



この♂からは時間概念を
微塵にも感じさせない。



奥手にも程があると
呟きながら♂を持ち上げ、
飼育ケースへと仕舞った。



諦めずに第二戦を予定する。



にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



上質な色合い

久しぶりの大雪に
瓶洗浄計画があっさりと
崩れ、飼育個体のチェックを
行っていると、フローレス島産
ギラファノコギリクワガタ♀が
羽化していた為取り出す事にした。



IMG_35761.jpg



マルバネクワガタのような
色艶に魅かれながら手に取り、
計測を行った。



IMG_32692.jpg



50.2mm



この個体の変遷は、
2013/6/22 初令投入
2013/9/29 17.8gとなる。



IMG_64553.jpg



バランスも良く上翅が、
私好みの家具のような
上質な色合いに見惚れてしまう。



時間と共に黒へと移り変わって
しまうのがとても惜しい。



ギラファノコギリクワガタは
この♂で全て蛹化、羽化に至った。



IMG_24874.jpg



♂の羽化サイズに
興味が注がれる。



にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



一抹の不安

勢いで菌床を詰めた日から
1週間となる。



菌糸の回り具合を
備忘録的に掲載する。



IMG_07021.jpg



カンタケ菌床、微粒と
粗めとなる。



一見綺麗に回って見えるが、
蓋を開けると、



IMG_57832.jpg



もう1週間程寝かせた方が
良さそうだ。



ただ、
自己採集組の喰いが速く、
間に合うのか
一抹の不安を感じる。



IMG_18693.jpg



こちらは水分が多すぎるように
感じる為、交換したい2013/11/11
本命採集個体となる。



計算では菌床が足りない為、
会社のケージーさんと共同購入を
図る事にする。



にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



特筆すべき点

今季はオオクワガタでの
30g超えが未だ出ておらず、
寂しい交換が続いている中、
阿古谷産F2の交換を実施した。



2014年度の飼育方針に
3ヶ月サイクル交換を
盛り込む事にした。



今までは目視での
菌床状態を確認し、
交換の有無を決めていたが、
ケチ臭い事はさっぱりと捨て、
飼育変革に注力する時が来た。



劣化しマット化した
瓶から取り出し、体重測定に移る。



IMG_72781.jpg



♀12.3g



IMG_76812.jpg



♂と思われる14.0g


IMG_90023.jpg



おかしな体型の♂23.2g



羽根パカの匂いがプンプンと
立ち込める体躯だ。



皆、黄色がかって来ており
これ以上の体重増加は
困難と思われる。



特筆すべき点は何一つ
見当たらないが、
無事に羽化してくれれば
これ以上は望まない。



にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



精密輸送DRIVE

親しくさせて頂いている
方から譲り受けた、コンゴ産
F2 タランドゥス♀が
羽化していた。



IMG_439111.jpg



蛹で頂き、家まで無事運ぶ為
精密輸送ドライバーと化した事が
吉と出て、安堵の吐息が自然と漏れた。



大型な♂の羽化を
待ち侘びる。




にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



天然咀嚼速度

2013/12/14
ケムさん圧巻の本命
WD26g
を探し当てた材から
採集した個体が異例な
速さで喰い上げた為、
瓶交換を行う事にした。



IMG_49821.jpg



幼虫が見える位置を確認し、
スプーンで慎重に掘り進めて行く。



IMG_46442.jpg



食痕の色がとても良く、
次回以降も菌床はブレずに
同メーカーを使用する。



IMG_08633.jpg




この♂の体重測定へと
移った。



IMG_37374.jpg




16.5g



WD個体では20gアップを
目標に掲げ、無事羽化を
切に願う。



IMG_74375.jpg



にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



例の如く

昨日に引き続き、
マット飼育可能な
サキシマヒラタクワガタの
飼育ケースを暴く事にした。



オブジェ樹を裏返すと
♂が顔を見せ、マットの中に
埋めた材を取り出すと♀も
元気に現れた。



IMG_11751.jpg



サキシマヒラタ F2
Lucifer 73mm×♀40mm



材には例の如く3令に
加齢した♂が今にもマットに
零れ落ちようよしていた。



IMG_77312.jpg



材を割るともう1頭の追加を
果たした。



IMG_08153.jpg



このラインは2♂ 5♀となった。



相変わらずの少数精鋭だが、
産卵の際の飼育変更点を
意識しながら飼育変革を志す。



にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ




多加水瓶

マットが到着した事により、
本土ヒラタ三重県産の
マット交換を行う事にした。



IMG_73961.jpg



マットを開封し、たらいに
注ぐと水分が足りない事に
気付き、ヒラタクワガタという
事で、多少多めに加水し、
800に詰めた。



今回交換する3頭の種親は
♂56.1mm×♀32.5mmとなり、全て
2013/9/15に初令投入となる。




早速幼虫を取り出し、
スケール測定を行っていく。



IMG_55842.jpg



♀7.1g


IMG_60923.jpg



♀6.9g



IMG_99974.jpg



♂14.0g



先ずは親越えを目指し、
管理を図っていく。



にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



Drying

屋根裏で休眠をさせている
ケルブスが気になり、
家族が寝静まったのを
見計らい折り畳まれた
階段を引き延ばし登った。



換気扇の音が静かに聞こえ、
保管してある場所に行き
飼育ケースを開けると
水苔が乾燥しきっていた。



IMG_53278.jpg



私へのご厚意で譲って
頂いた為、死なせてしまっては
ならないと焦り、水苔を掻き分けた。



IMG_59199.jpg



身体は微動だにしないが、
触角が動いており、
一安心した。



霧吹きを目一杯与え、
♀も確認する事にした。



IMG_043810.jpg




乾燥はしているものの、
両頭共無事であった為
ほっと胸を撫で下ろした。



定期的に水分を与えに
登らなければならないと、
気持ちを固めた。



にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



魔力に酔いしれる

2013年度、1月が今までで
一番忙しく、昼間運転していると
睡魔に襲われる日々が続いていたが、
月末が締まり安堵の吐息をつきながら
22:00に家路に着いた。



玄関を開けると頼んでおいた
物が届いていた。



遠征で採集したオオクワガタの
喰いが早すぎる為、菌床を
注文していた。




IMG_68321.jpg



前回は玄関で放置を
決め込んでしまったが、
今回は即座に飼育部屋に
荷物を持ち込み、瓶詰めを
行う事にした。



荷物を開封すると、頼んでおいた
マット×2と、カワラ材が目に入った。



IMG_39812.jpg



私が注文したカワラ材は
2本だが、このお店特有の
言霊の魔力が忍ばせられていた。



しかしよく見ると、
もう一つ紛れていた。



IMG_09173.jpg



おまけが二つも同梱されていた。



初の出来事で、急いで
新聞で包まれた物を
開封した。



IMG_42394.jpg




中々のサイズの産卵木が
カワラ材と共にサービスで
付けてくれた。



フタマタに使用するには
少々固い為、オオクワガタ用に
保管する事にした。



魔力に酔いしれながら、
下段に配置された6ブロックに
着手した。



IMG_45505.jpg




前回からパン切り包丁で
皮膜を切り、バーベキュー用の
網で摩り下ろす工程を省く事にし、
今回も同様に行った。



最後のブロックと瓶の
容量を頭で描きながら
サイズの違う瓶を選択し、
今回も綺麗に詰め終えた。



IMG_78956.jpg



詰め終えた瓶を並べてみた。



IMG_22767.jpg



奥がカンタケノーマルで、
800×4
950×1
1400×10本




手前がカンタケ粗めで、
500×3
800×3
1400×4となり、
総計は25本となる。



菌が回り、落ち着いた所を
見計らい交換に移る事にする。



にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ




↑