寒波の影響と赤い称号

本日は朝から降り積もった
雪の影響で、先週同様通勤に
2時間を要し、寒さに打ち拉がれた。





この寒波はvivids ssp.の
デロンギヒーターがフル稼動となり、
電気代に大打撃を加える。


温度・湿度が重要なクワガタ飼育に於いて、
不安は鬱積するばかりである。


そんな不安を纏い、
専用マットのガス抜きを終え、
赤い称号を持つ
エラフスミヤマに着目した。





♀と思しき個体は
蛹室を作製してしまい、





♂はこの程度の成長となる。





7.5g





7.2g


もう一頭は容器の関係で
別日に交換する事にした。


幼虫にて目指す体重が
把握出来ない為
手探りとなるが、
気付いた点を修正しながら
次世代で発揮しようと企む。


vivids ssp.
vivids AMG採集個体販売


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



スポンサーサイト

自由の国 産

2015/9/13
PM 3:00


採集と午前中に行われた
学校行事による疲労から
足取り重く階段を降り、
玄関を開け受け取った。





高温を避けなければと思い、
開梱して中の状態を確認する。





丁寧に梱包された状態に
不安は微塵も無かったが、
プリンカップを取り出した所
目を丸くした。





5つのプリンカップの内、
一つがクラッシュしていた。





外装に目立つ破損箇所が無く、
内部のペットボトルによる
損傷と思われた。


溜息を吐きながら
車の鍵を探し、
急いでvivids ssp.へと向かった。


到着し、
逸る気持ちを抑えながら
クラッシュプリンカップを開けた。





奇跡的に難を逃れ、
生体は無事であった。


全ての個体を確認する為、
ボウルの中にプリンカップを
開封し取り出すと、





5頭全てが無事であった。


届けられたのは、


アメリカ合衆国
ミズーリ州産 CBF2
エラフスミヤマクワガタ


頭幅からいけば
♂2♀3となりそうである。


ミヤママットが余っていた事、
安価な金額設定であった事。


上記二点からなる理由で
自由の国 産を飼育する事とした。


成虫はユーロミヤマを
赤く小ぶりにした感じである。


このタイトル、
自由の国産に見え、
困惑される事必至か。


vivids ssp.
ツシマヒラタクワガタ 追加


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



↑