最大孵化数

菌糸ブロックを崩し、
ボトルへ詰め込むだけでは
時間が勿体ない為、
ボーリンフタマタの監視下
ペアリングを行う。


PM 10:47


今まで♀を殺めに
向かうばかりの支援頂いた♂が
本日は違っていた。





菌糸を詰める音や
室内の灯りなど気にもせずに


PM 10:52


漸く交尾に至った。





34分間の交尾を終え、
雌雄は離れ歩き始めた。





前年は6頭の孵化止まりであったが、
今季も同じ6頭目の孵化に
なんとか漕ぎ着けた。





雌雄の成熟度、
そして産卵材のバランスが取れる時、
孵化率が右肩上がりとなる。


そんな気がする。


この好調の追い風に乗るべく、
先日クマモンさんから頂いた
オオクワガタカワラ材飼育で
使用された材を加水し、





乾燥気味の産卵マットを
ブラックボックスに敷き詰め、





その上にその材を置き、
再び同マットで埋め込んだ。


狙いは二つ。


青黴発生防止と
材の加水調整となる。


表面産みのフタマタは
しっかりと加水する必要は無い為、
短時間の加水とは言え、
万全を期す事にした。


折角なので
予め購入しておいた
ナラ材4本も加水し、





青黴を防ぐ為、
微粒子マットを擦り付けた。





その4本もマットで埋め込み、





交尾した♀へ備える。


自身の最大孵化数6頭を
超える事が出来るか、
頃合いを見て備えた材で挑戦する。


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



スポンサーサイト

臆病風が吹き荒れる

♀の寿命も風前の灯火か。


3頭の孵化で停滞している
ボーリンフタマタ、





産卵セットに於いて
齧られ産み付けられるは
200頭を孵化させた出品者様の
オマケ材ばかりである。





私が用意している材と
何かが違う。


この何かを解明しなければ
ボーリンフタマタ飼育に前進は無い。


そんな気がしてならない。


齧られた痕跡を
辿るように千枚通しで
掘り起こしていく。





卵は産み付けられており、





その色や形は様々である。





孵化まで至るであろう
卵や、殺しの呪文の如く
消失していくと予想されるもの。





先ずは産卵欲を掻き立てる
材の質の謎を解かなければ、
そんな事を思い浮かべながら
採卵を終える。





先に採卵した18卵は
2卵を残し、プリンカップにて
1頭の孵化を確認する。





これで4頭、
難関種を痛感する数に
臆病風が吹き荒れる。


フタマタ最高峰攻略に向けて、
日々思案を絶やす事は無い。


※オークションにて採集セット、
スマトラオオヒラタ、ウォレスノコギリ、
超大型アドゥンクスフタマタ、
ムニスゼッチフタマタ、アルキデスヒラタ出品中



">


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



難関種の成長と進捗

スマトラオオヒラタ用
菌糸をボーリンフタマタに
試していた。





理由は低温でもキノコが
生えない事となり、
キノコは生えないが劣化の為、
交換する事にした。


スマトラオオヒラタ用菌糸で
育て上げた体躯は、





マッシブなものとなった。


スケールは、





15.4gを表示し、
最終ボトルはマットへ移行させる。


他個体も順次確認していく。





見た目と表示が合致しない、
6.2g




9.1g


そしてオールマットでの♂2頭は、





菌糸よりも全体的に
バランスが取れた体躯となり、





16.4g








16.7gとなり、ギネスを狙う訳でもない
ボーリンフタマタ飼育に於いて、
敢えて菌糸に巻かれる危険性を
選択する必要性は無いと実感する。


そして恐ろしい事に
前回採卵したプリンカップを覗くと、





2卵を残し、
死の呪文を唱えられた。


難関ボーリンフタマタ、
もう一度追い掛けを果たし、
孵化数アップを狙う。


※オークションにて採集セット、
スマトラオオヒラタ、ウォレスノコギリ
出品中



">


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



200孵化材の実力

交尾後、10日間のセットを
確認する。





ボーリンフタマタ♀を購入した際、
オマケとして付けられたコナラ材は、





埋め戻された痕跡が
多数見受けられた。


この所空胞ばかりで
嫌気も刺している心境の中、





卵の存在に癒されるばかりである。


空胞の箇所もある中、
卵は続々と現れた。

















別の材からは2卵と、
圧倒的に200孵化の
出品者様材に産み付けられている。


材の加水は2分、
絹のような肌触りに似た感覚の
材を手で触れて覚える。


18卵を採卵するものの
気掛かりなのは、





ダブル産みが3組ある事。


もう一度追い掛けした方が
良さそうと判断し、別日にて
♂と対面させる。


産卵しない、孵化率は悪いと
泣かされ続けたボーリンフタマタ飼育。


この42.1mm♀が
女神へと変貌を遂げるよう、
短い命の中、適切な対処で
次世代へと繋げていく。


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



孵化への条件

2016年11月羽化個体、
ボーリンフタマタ42.1mm♀の
交尾が済んでいない為、
種親を73mmに選定し、
監視下ペアリングを行った。





♂は♀をすぐ様気に入り、
♀はその時を待っていたかのように
微動だにせず、交尾はすんなりと確認出来た。





彼らの営みは2時間前後ある為、
空白の時間を埋めるべく
一つのボトルに手を伸ばした。





2016年12月羽化個体である
アルキデスヒラタを確認する。





アルキデスは短歯に限ると
言われる方が多い中、
長歯好みの私は顎を伸ばそうと
低温飼育するも、この顎が精一杯となった。


サイズは、





72.6mmと普遍的なサイズに留まり、
アルキデスヒラタの大型化は
非常に困難と感じる。


飼育種削減で動く中、
もう一度真剣に向き合いたい気持ちもあり、
ブリード魂が陽炎のように揺れ動く。


アルキデスヒラタを
飼育ケースに仕舞い、
産卵セット中のボーリンフタマタを
覗くと、44.0mm♀が息絶えていた。





♂の成熟を待ち、
なんとか交尾を確認したものの
寿命の短い種にはタイミングが
合わなかった。


ガックリと肩を落とす中、
先日セットした材を齧る別♀を
目にし、





産卵を心待ちにする。


2時間の営みを終えると、
♂は静かに♀から離れていった。





雌雄の成熟度、
交尾のタイミング、
そして産卵セットの内容。


この条件をクリアし、
管理を徹底出来なければ
孵化までは霞む程遠い道程となる。


雌雄を個別ケースに仕舞い、
1週間のゼリー漬け後、
産卵セットに誘う。

※オークションにてファブリースタカクワイ追加


">


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



↑