願望から希望へ

オークションを眺めていると、
時折出品されるネパレンシスに
目が釘付けとなる。


それは、我が家の雌雄比率の
悪さが理由であり、もしかすると
全て♂の可能性もある。


ネパレンシスは人気の為、
入札者も多く、そう易々とは
射止める事が出来ない。


考えれば考える程鬱屈するだけとなる為、
性別不明、恐らく雌であろう、
いや、雌であって欲しい願望感
丸出し瓶にて確認する事にした。





蛹室にてお尻は確認出来ていたが、
果たして願望通りなのか。


蛹室に穴を開けた所、
それは這い上がってきた。





願望は希望の雌となり、





サイズは、





大型に入る45.4mmとなった。


ネパレンシスは成熟期間を
誤らなければ恐らく然程
飼育困難な種では無い筈、
蛹室を後にした為、
個別管理をし、我が家最大サイズの
♂と引き合わせる事にする。


vivids ssp.
vivids AMG採集個体販売


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



スポンサーサイト

スーパーサプライズ

午前中にインターホンが
鳴ると、家族は誰も動かない。


またお父さんの荷物だよの
声が鳴り響く中、荷物を受け取りに
玄関を開けると、顔馴染みの
配達員の方が笑顔で立っていた。


荷物を受け取り、
玄関にて安置させ、
子供達が寝静まるのを
見計らい、vivids ssp.に向かう。


届けられた荷物を
開封する。





落札したのは
数々のギネスホルダーをお持ちの
GATAKUNさん。


新聞紙を避けると、





巨大なプリンカップが2個
目に入り、首を傾げる。


私が落札したのは、
ネパール トゥリスリ産
CBF3





ネパレンシス5頭となる。


初めてネパレンシスを購入したのも
GATAKUNさんからであり、
成熟期間を見誤った結果、
そのペアからは6頭と
不甲斐ない結果となり、
しかもその雌雄は恐らく
5♂1♀と雄に偏り、
既に羽化した♂は68.5mmと
これまた不甲斐ない。





ハプニング体質の私の場合、
累代危機と言って過言ではない為、
今回の購入に踏み切った。


種親は72mmと大型であり、
私が試してみたいと思った
ジャストサイズでの到着となる。


全てカワラタケに投入し、





80mmを目指して
己のプランを突き進む。


同梱されていたプリンカップは
ギネスを新たに取得された、





私も飼育している
クベラツヤに違いない。


これが成虫の姿なのかと
繁々と観察し、
スーパーサプライズに
感謝の念が途絶えない。


ゼリーを食べた痕跡から、
ペアリング時期を見定める。


vivids ssp.
vivids AMG採集個体販売


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



偏る

完全備忘録記事。


飼育頭数が少ない
ネパレンシスの餌交換を行った。





14.4g♂





15.2g♂





15.9g♂


♂三連続に参った所で、





♂で羽化していた。


顎は長く、サイズを確認したい所を
ぐっと堪え、活動するまで
待つ事とする。


現在♂しか累代出来ていない事に
気付き、♀探しの旅に出なければ。


オークションに目を光らせる日の
始まりとなる。


※オークションにて、ローゼンベルグ・
アカアシクワガタ・ツシマヒラタ・WDヒラタクワガタ出品中



vivids ssp.
vivids AMG採集個体販売


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



微減微増

オークションにて
熊本地震災害支援募金の名で
落札頂いたアルキデスヒラタ
90mm♂単品を発送する為、
午前中に長男と娘と3人で
vivids ssp.に向かった。


発送先は初となる
北海道に住まわれる方となり、
日にちと時間指定に対応する為、
余裕のある発送となる。





我が家では役目を終えたが、
頗る元気な♂の為、
次なる飼育者でも
活躍してくれるに違いない。


そう念じ、娘がゼリーを与え、





フェアウェルと
発泡箱を閉じた。


子供達が寝静まれば
再び飼育作業へと向かう。


とある銘柄のカワラタケ
腐敗の影響か、ひと月前に
投入したボトルにて暴れを
確認した為、交換する事にした。





溜息を吐きながら
ネパレンシスの幼虫を取り出す為、
掘り進めると、





白い菌糸部は僅かとなる内部に、
幼虫の成長を危惧する。


転がり出た幼虫は、





腐敗の影響を受けていないのか、





16.8gとなり、2016.4.2の
17.5gから微減していた。


次なる個体は如何なものか。





先程の個体に比べ、
縦に長さを感じる。





17.3gとなり、
2016.3.24の16.6gから
微増となった。


ボトルにより腐敗の影響が異なるのか。


次なる個体は、





理想の体型として映る
個体の体重は、





17.5gとなり、
2016.3.10の18.6gからの
微減となる。


3頭共新鮮なカワラタケ菌糸に
投入し、羽化を待ち望む事にした。


腐敗菌糸投入を
行った個体に気付いた際は、
即交換を念頭に置く。


帰る間際、冷凍した材を
冷凍庫から取り出した。





フタマタ用にと、
硬さのある材を冷凍後
解凍し、適正なものへと
変化させる。


先日綴った野菜干しネットに
冷凍した材を入れ、タライを設け、
水分調整を行ってみる事にした。





解凍後、
硬さが残るようであれば、
再び冷凍を試みる。


vivids ssp.
vivids AMG採集個体販売


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



WD3令の印象

産卵セットを幾度もセットするものの
追加に至らず、♀は♂を遺し命を落とした
ネパレンシス。


運良く孵化した6頭の内、
1頭のボトル交換が必要と判断し、
取り出す事にした。





ボトル側面からも
期待をさせる体付きを披露し、
その場所まで慎重にスプーンで
掘り進める。





取り出した印象は、
WDオオクワガタ3令であった。





これ程大きくなるものなのかと
感心しながらスケールに乗せると、





18.6gを記録した。


他の個体も順次交換となるが、
種親である66mm超えを
先ずは目標設定とする。





vivids ssp.
vivids AMG採集個体販売


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



↑