蛹室材の成果

自己採集個体ISの詰め替え後、
クマモンさんから頂いた
使用済み材飼育を埋め込んだ
ボーリンフタマタ産卵セットを覗いた。





細いナラ材に齧り痕が
多く見られるが、
卵を産み落としはしていなかった。


クマモンさん材にも
齧り痕はあるが、
卵は無いのか。


以前、覗いた際に
オオクワガタの蛹室に
♀が入り込んでいた。





一度調べてみる為、
表面に置いた樹皮を取り出し、





埋め込んだ材を起こすと、





齧られ、埋め戻された痕があり、
柔らかな材に爪を立て捲ると、





卵が現れた。





私が苦戦している
ボーリンフタマタ飼育に対し、
材を提供して頂いたクマモンさんに
すぐ様連絡を入れると、
自分の事のように喜んで頂き、
とても嬉しい出来事となった。


連絡後、採卵は一つとなり





今回は3卵を採取した。


♀はまだ余力がある為、
産卵数は伸びると思われる。





無事孵化までの管理を行い、
ボーリンフタマタ飼育を
愉しむ事とする。


※オークションにてファブリースタカクワイ、
ミラビリスヒラタ、ムニスゼッチフタマタ、
黒ドンキ出品中



">


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



スポンサーサイト

希望的観測セット

2017.3.27に仕込んだ材を
使用すべく、取り出した。





加水後、青黴発生を防ぐ事と
材の加水を乾燥気味のマットで
水分調整を狙った。





材に青黴は発生せず、
水分も適度に含み
フタマタには使用出来る。


その材をミニブラックボックスに
埋め込み、





ムニスゼッチフタマタ♀を
投入した。


そして、メインとなる
クマモンさんが材飼育で使用された
カワラ材を埋め込んだセットに
ボーリンフタマタ♀をセットした。





あとは産みまくって
貰うだけを待つ。





7頭目の孵化で
絶叫上げる日は近いと
希望的観測の目で♀を見送った。


※オークションにてファブリースタカクワイ、
ミラビリスヒラタ、スマトラヒラタ出品中



">


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



ギネスの血縁

69.3mm♂を種親として
累代を予定していた
アドゥンクスフタマタ、
唯一羽化している♀が亡くなり
♂ばかり残ってしまった為、
♂3頭をオークションにて手放した。


残り2頭のペアは
羽化する気配が無く、
羽化ズレ必至と予想し
このカテゴリーは一時休止を
余儀無くされる。


そう思いながら
オークション出品を閲覧していると、
ビークワギネスを更新された方が
アドゥンクスフタマタ初2令を
出品されており、値が上がる事も無く
落札となった。


この方はドンキエルハンプイを
購入した履歴があり、此方も
ギネスホルダーとなる。


届けられた発泡箱を
開封すると、





カイロが添えられており、
まだ温かさが残っていた。


カイロを取り出し
中を覗くと、





セロテープで固定されておらず
プリンカップの蓋が二つ取れ、
マットが溢れていた。


幼虫が溢れ落ちていないか
調べると、5頭は無事であった。





栄養のあるマットか、
身体に張りがある。





ギネス取得の評には
マット飼育なのか、菌糸飼育なのかが
記載されておらず、審査員は
低温マット飼育を予想されていた。





私は69.3mmをカワラタケで
育てた為、今回もカワラタケ菌糸で
羽化を目指す。





インド マニプール産
CBF2
種親 77mm♂×43mm♀
ギネス認定80.1mmのインライン





このギネスの血縁を持って
大型化を図る。


※オークションにてファブリースタカクワイ、
ミラビリスヒラタ、スマトラヒラタ出品中



">


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



最大孵化数

菌糸ブロックを崩し、
ボトルへ詰め込むだけでは
時間が勿体ない為、
ボーリンフタマタの監視下
ペアリングを行う。


PM 10:47


今まで♀を殺めに
向かうばかりの支援頂いた♂が
本日は違っていた。





菌糸を詰める音や
室内の灯りなど気にもせずに


PM 10:52


漸く交尾に至った。





34分間の交尾を終え、
雌雄は離れ歩き始めた。





前年は6頭の孵化止まりであったが、
今季も同じ6頭目の孵化に
なんとか漕ぎ着けた。





雌雄の成熟度、
そして産卵材のバランスが取れる時、
孵化率が右肩上がりとなる。


そんな気がする。


この好調の追い風に乗るべく、
先日クマモンさんから頂いた
オオクワガタカワラ材飼育で
使用された材を加水し、





乾燥気味の産卵マットを
ブラックボックスに敷き詰め、





その上にその材を置き、
再び同マットで埋め込んだ。


狙いは二つ。


青黴発生防止と
材の加水調整となる。


表面産みのフタマタは
しっかりと加水する必要は無い為、
短時間の加水とは言え、
万全を期す事にした。


折角なので
予め購入しておいた
ナラ材4本も加水し、





青黴を防ぐ為、
微粒子マットを擦り付けた。





その4本もマットで埋め込み、





交尾した♀へ備える。


自身の最大孵化数6頭を
超える事が出来るか、
頃合いを見て備えた材で挑戦する。


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



存続フタマタ

74mm、75mm、76mmの♂を
種親としているムニスゼッチフタマタ、
芳しくない成果に歯痒さを感じつつ
産卵セットを暴く事にした。





埋め込んだ植菌材は
齧られた痕が多数見受けられ、
後は有精卵か否かとなる。


材を持ち上げると、





幼虫が現れ、回収数に
期待を持ちながら





植菌材の効果を
実感する。





マット内部にも複数
潜んでおり、





累代危惧をしていた
ムニスゼッチフタマタ飼育は
なんとか存続となる





卵3個
幼虫13頭を確保した。


しかしこれでは
少な過ぎる為、3♀体制で
産卵数を伸ばしていく。





ボーリンフタマタも
これぐらい楽に孵化してくれればと
プリンカップを覗くと、





5頭目の孵化を確認した。


何とか二桁まで
伸ばせられればと、
願望に近い想いが漂う。


※オークションにて、採集セット、
超大型アマミシカクワガタカルテット、
WF1スマトラヒラタクワガタ、
ミラビリスヒラタクワガタ出品中



">


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



↑