スマトラ一本返し

またやってしまった。


採集に興じている頃、
詰替を怠り800ボトル1本返しとなった





アチェ産 スマトラオオヒラタ♂を
取り出しにかかる。





こんな窮屈なボトル内にて、





こんなにも立派な姿で
羽化されると、本気で携われば
更に深みに嵌ってしまいそうな程、
魅力的なクワガタである。


♀のフォルムや艶、
薄っすらと筋の見える
上品な上翅も好みである。





もう一度携わってみるか。


飼育種整理に迷いが生じる。


※オークションにて出品中



にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



スポンサーサイト

黒の行末

黒ドンキこと
ドンキエル・ハンプイの同居から
2週間が経過した。





♀はマットに潜る事が多く、
産卵したくて仕方ないに違いない。


♀を掌の上に乗せ、





力強い脚力に問題無いと
用意しておいたカワラタケボトルに
穿孔穴を開け、





♀を投入した。





♀に代わりは居ない為、
産卵しなければこのカテゴリーは
終焉を迎える。


黒ドンキの行末は
果たしてどのような結果となるのか、
状態観察を継続する。


※オークションにて出品中



にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



悪顔始動

♂の羽化が中々現れなかった
デタニヒラタクワガタから、




漸く後続の雄が蛹室を這い出た。





今、殆んど流通していないと思われる
貴重なデタニヒラタにて、
先に羽化している54.5mm♂を使用して
ギネス更新を企だてる。





頭幅と顎のアンバランスから
悪顔に映る強烈フォルムにて、





次世代でニューレコードとなる
57.5mmを目指す。


※オークションにて出品中



にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



黒、始動

以前このブログにて
ドンキエルマスターから
アドバイスを頂いた。


黒ドンキこと、
ドンキエルハンプイのペアリングは
可能との事であり、
本日同居させる事にした。





65.8mm♂を掌に乗せ、
しがみつく力を確認すると、
何ら問題無かった。


40.8mm♀も同様に
掌に乗せて状態を確認する。





此方も万全の状態であり、
ペアリング場へ投入する。





タガメ飼育で使用する為に
カットした流木は、
ドルクスには堪らない構造であり、





このケースにて
1週間同居させる事にする。


♀はこの1頭のみとなり、
私らしく崖っ淵となる。


失敗は許されない緊張感は
嫌いじゃないが、好きでもない。


羽化から1年の成熟期間として
待ち侘びたドンキエルハンプイの
累代に向けて始動する。


※オークションにて出品中



にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



緊迫メタリック

前記事のアマミコクワガタよりも
更にミニマムな世界。





2017.9.13


メタリックボディの持ち主である
ヒマラヤコクワガタを成熟したと
見なし、同居させた。





♂の代わりはいるが、
♀がこの1頭しかいない為
緊迫したセットとなる。


冷蔵庫から取り出した
ハイパーコクワガタ材を取り出し、





何時ものように信頼する
埋め込みマットを固く詰め、





その上にハイパーコクワガタ材を乗せ、
埋め込みマットで埋める。





感覚では、このセットで
上手くいく筈。





5日間の同居を経た♀も
無事であり、冷蔵から融けた
材を見計らい、♀を投入させる。


※オークションにて出品中



にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



↑