怪物待ち

3200ボトルに投入した
スマトラオオヒラタが羽化した。





先に羽化したものとは
比較にならない頭幅と
サイズになりそうである。





此方も同じく、
3200ボトルに投入している
蛹となるが、顎に目が行く。


そして、クワガタの怪物の活動と共に
待ち侘びるカブトムシがいる。





ヘラクレス ヘラクレス
150mmオーバーの成熟後、
オークション放出となる。


♀の関係から
未後食でも放出の可能性がある。


さて、今回の記事でクロノグラフを
一区切りとする。


この続きは明日。


※オークションにて出品中



にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



スポンサーサイト

赤の迷走

先の記事である
黒ドンキことドンキエル・ハンプイの
累代頓挫となり、
赤ドンキことドンキエル原名亜種が
気になって仕方ない。





2016.12.4羽化個体を
使うにはまだ時期尚早であるが、





2016.4.28羽化の♀と、





2016.5.2羽化の♀と間に合うのか。


黒の終焉から
赤は成功させなければと、
プレッシャーが増していく。


秘蔵っ子となる
万が一を考えて購入しておいた
F2 50mm♂は、





2016.10中旬自力脱出との
説明文ではあったが、
餌の食べ方から
信用ならぬ気がしている。


この♂を試しに
赤の迷走となるか。


もう少し検討する。


※オークションにて出品中



にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



命運

命運は尽きた。





今まで最後のペアや
最後の♀などで何とか繋いできた
クワガタ飼育の中、
黒ドンキことドンキエル ハンプイの♀が
転がり落ちていた。


誘導穿孔穴を覗くと
産卵をした形跡も見当たらない。


購入した黒ドンキの雌雄比率の
悪さも背景にはあるが、
ここで潔く本種の飼育から離れる。


同じくカワラボトル産卵を
控えているネパレンシスペアを
取り出すと、





♂は力強い脚力ながら
♀はダメージ甚だしい。





命尽きる前に爆産する
パターンを願いつつ、





寝かせておいた
カワラタケボトル穿孔穴に
乗せると、いそいそと進んでいった。


此方もこの♀が尽きるなら、、、


今は見守るばかりである。


※オークションにて出品中



にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



成熟待ちの事態

成熟待ちの2016年9月羽化個体
ネパレンシス♀の符節が欠け始め、
ペアリング前に息絶えてしまうと
管理ケースから取り出して掌に乗せる。





微妙なしがみ付き力に
累代は不能かもしれないと
最悪の事態をも予想する。


余談になるが、
このネパレンシスの♀の顎は、
他のどのクワガタよりも勇ましく感じる。


この顎と身体の艶に
惹かれてしまう。





同居後、
カワラタケボトル産卵を予定する。


符節欠けを吹き飛ばすような
素晴らしい贈り物が届けられた。





リンクさせて頂いている
クマモンさんから、





此方は後程詳しく綴る。


※オークションにて出品中



にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



スマトラ一本返し

またやってしまった。


採集に興じている頃、
詰替を怠り800ボトル1本返しとなった





アチェ産 スマトラオオヒラタ♂を
取り出しにかかる。





こんな窮屈なボトル内にて、





こんなにも立派な姿で
羽化されると、本気で携われば
更に深みに嵌ってしまいそうな程、
魅力的なクワガタである。


♀のフォルムや艶、
薄っすらと筋の見える
上品な上翅も好みである。





もう一度携わってみるか。


飼育種整理に迷いが生じる。


※オークションにて出品中



にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。