disabled?

最大75.5mmで羽化した
ババオウゴンオニクワガタの
ペアリングセットを覗くと、
仲睦まじく寄り添う姿を
確認していた。


♀を産卵セットに移そうと
取り出した所、





♂の異変に気付いた。





♂の生殖器が
出っ放しとなっている。


これが最近起きた事なのか、
それとも同居から起きているのか。


不測の事態に
狼狽えながらも
♀を産卵セットに移した。


本種にて80mmオーバーを
狙っているだけに、
控えているもう1頭の75.5mmを
用意する事とする。


※オークションにて出品中



にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



スポンサーサイト

危機迫る不安卵

2017.10.2にセットした
モセリ産卵セットに動きがあった。





穿孔した穴からは
菌糸が吹き出し、





目視で卵が2個確認出来た。


上の卵は半熟卵のように
溶けかかったように見え、
THE END甚だしいが、
下の卵は色合いが少し怪しく、
不安要素を含んでいるように見える。


危機迫るカテゴリーモセリ、
最初で最後の♀を取り出し、
第2セットを展開する、


※オークションにて出品中



にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



継続黄金郷へ向けて

♀が1頭と失敗は許されない
モセリオウゴンオニクワガタ、
2017.9.18に同居させ、
今では寄り添う姿を目撃する。





材とカワラタケボトルと選択を悩み、
丁度産卵に適したカワラタケボトルが
手元にあり、それを使用する事にした。





然し乍ら♀はボトルに
見向きもせず、
ボトル底面で身を潜める為、
投入口を開けて♀を誘うと、





そそくさと潜って行った。


このボトルにて産卵しない場合、
次なる一手を講じる。


オウゴンオニクワガタの中でも
発色が美しいモセリオウゴンオニクワガタを
途絶えさせないよう、継続黄金郷に向けて
管理に従事する。


※オークションにて出品中



にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



秋の黄金セット

成熟を迎えたと、
モセリオウゴンオニクワガタを
掌に乗せる。





種親であった63.1mmを
超えた65.3mm♂と
44.2mm♀を同居させる。





♀がこの一頭のみといった、
私らしい崖っ淵であり、
失敗すればシルバー発色の
モセリオウゴンオニクワガタは
ここで累代が終わる。


慎重に事を運ばなければならないが、
萎縮しては成熟期を逃してしまう。


飼育は大胆に振る舞った方が
上手くいく気がする。


また、同じアロトプス属では、





ババオウゴンオニクワガタも
同様に同居させる。





此方は75.5mm♂と
50.0mm♀の組み合わせとなり、
次世代は80mm台を狙うラインとなる。


季節も良く、
秋の黄金セットにて
両大型化を目指す。


上手くいく、
そう念じて黄金ケースの上蓋を閉じた。


※オークションにて出品中



にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



猛省黄金セット

棚最上部に設置していた
モーレンカンプオウゴンオニクワガタの
産卵セットに気付き、
急いで蓋を開けると、





幼虫が這いずった後が見え、
忘れていた事に猛省する。





タライには終齢を迎えた
幼虫が転がり、





セットしていた材を食べ尽くし、





合計6頭がこの環境で
育ってしまった。


カワラタケボトルにそれぞれ
投入したものの、劇的な成長は
望めない。


一方、初令からカワラタケボトルに
投入していた個体は、





丸々と太り、





順調に成長していた。





サイズは、





最大18.8gであり、





12.9gが最小となり、





次点は18.4gとなった。


モーレンカンプも25gないと
話にならないと考え、
夏場の飼育よりも秋から冬にかけての
幼虫飼育の方が我が家では
大型化を見込める。


メソトプスとアロトプスを中心に
注力し、自身の壁を越えていく。


※オークションにて出品中



にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



↑