目前Reckoning day

2017.6.18
AM 7:48


慌てて車に乗り込み、
タガメの生き餌を求めて
車を走らせた。


その地は、息子達と前回
カエルの死骸を発見し、
掬うものの水中ギャングを
捕らえる事が出来なかった、
言わば未採集地となる。


前回のカエルの死骸が
頭から離れず、生き餌捕りと
共に再確認を含めた再訪となる。





前回訪れた時よりも
水位は下がり、畦道を
歩きながらカエルの死骸を探す。


すると田圃にそれが
横たわっていた。





網で手繰り寄せて確認する。





表裏共に外的損傷無し。





これは水中ギャングスターに
襲われた死骸では無い。


カエルが死んでいる=タガメ生息


上記は死因をよく確認する
必要がある。


死骸があるからと言って、
必ずしもタガメが生息するとは限らず、
吸われた死骸をよくインプットする事で
採集効率を上げられる。


ただ闇雲に網を入れず、
生息地を見極める作業が重要となる。


と、思案しながら
目的の生き餌を入手し、
タガメ飼育ケースの上蓋を開けると、





先日、持ち場を離れた♂が
再びオーラ全開で我が子を
護っていた。


イクメンすぎる♂に
父の日に相応しいのは君だと
零しながら生き餌を投入した。


その水槽の正面に目を向けると、





自己採集であるゴードネームISから、
数ある理由にて名称変更したIDが
羽化前となっていた。


火の國採集個体も蛹化し、





両貴重産地での
羽化が今から楽しみである、


Reckoning dayは目前となった。


飼育全てを強制的に
見直さなければならない日が
やって来るのか。


そうなればこの自己採集達も、、、
気が重く胸に鉛が伸し掛かる為、
今は考えないように気持ちを
はぐらかす事とする。


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



スポンサーサイト

C8H11NO2分泌 カワラ材飼育

2017.1.21に採集した
オオクワガタをカワラ材に
投入していた。


クマモンさんに頼んだ
材飼育用のカワラ材がある為、





ステータス確認も兼ねて
割り出す事にした。


材飼育は3頭となり、
どの材も喰い上がりで
樹皮がブヨブヨしているかと思いきや、
触れた感じは固く、ノミを使用して
割り出しに掛かった。





太い食痕が走り、





採集者には堪らない
極太食痕が現れた。





固く練られた食痕を
追いかけていくと、





蛹室作製までのルートが現れ、





赤いオオクワガタ♀が
這い出てきた。


羽化後間も無く赤い身体の
その♀は、菌糸で育てた
他♀と比べると、
サイズが一回り大きく感じた。





WD個体は、菌糸よりも
カワラ材の方が大型に
羽化するのではいか。


そんな事を考えながら、
樹皮に茶色のキノコ粉が
付いたカワラ材に着手した。





フィールドではこのような材は
白く不朽せず、駄材が多い。


然し乍ら材内部は良い状態であり、





モリモリと食べた形跡が見られ、





太い食痕に、ドーパミンが
多量に分泌されていく。


やがて先程と同じ
蛹室作製の痕跡が現れ、





クマモンさんにお願いした
カワラ材はお預けとなる、





前蛹でいた為、
それ以上の作業を中断し、
3本目は手を掛けずに
飼育ケースを閉じた。


今まで採集した個体は手軽さから
菌糸に投入していたが、
材で羽化するとフォルムはもとより
艶が明らかに違うとかっしーさんに
聞いた。


今後の採集個体は、
出来る限りカワラ材飼育にて
WDらしさも追究していく。


※オークションにて出品中



にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



春眠を解く

今季のオオクワガタ飼育は、
自己採集個体のみのブリードを
検討する。


2016.6.11採集個体





フォルムは抜群にダントツとなる
68.4mm♂と同産地の♀を用意し、





2016.9.25採集個体
顎の太さに目を惹く
68.8mm♂も同産地の♀と掛ける。


2016.9.17執念の超絶貴重産地♀は、





唯一の同産地♂と掛けるか、





其れとも今季採集し、
掛けるか悩む所である。


春眠を解き、
自己採集累代を愉しむ事とする。


※オークションにて出品中



にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



シンクロ個体郡

2017.3.20
オオクワガタ火の國採集個体を
投入しているボトルが劣化した為、
交換する事にした。





♂と判断した個体は、





15.9gとWDらしい
体重変遷となっていた。





♀と判断した個体は、





9.1g








7.6gとなり、
最大体重となった♂は、





19.4gと羽化楽しみな
体重変遷となっていた。





果たしてどのような
姿で羽化するのか、
悲願成就が未だにシンクロする
火の國産オオクワガタの勇姿を
鶴首して待つ。


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



増設、産地別コレクション

先日採集したオオクワガタを
菌糸瓶に投入すべく、
体重測定を行った。


測定した順に掲載する。





6.7g





8.1g





3.1g





3.8g





7.8g





となり、7頭目は残念ながら
輸送の衝撃にやられたのか





生き絶えていた。


雌雄判別は、所謂♀斑から
2♂4♀と断定した。


もし予想通りであれば
累代は容易いものとなる。


私の産地別コレクションに加え、
火の國産ラインを累代する事とする。


※オークションにて、採集セット、
超大型アマミシカクワガタカルテット、
WF1スマトラヒラタクワガタ、
ミラビリスヒラタクワガタ出品中



">


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



↑