火の国WD系譜

コバエがリビングを
優雅に滑空してはならない。


飼育存続に関わる事項となり、
フーリガン化したボトルを
突き止めた。





火の国産ヒラタクワガタ♂から
出入りしているようで、
羽化したお尻を確認し、
菌糸を廃棄する事にした。


慎重に♂の蛹室まで
掘り進める。





やがてWF1♂の逞しい
姿が目に入る。





羽化した♂の体躯を見ると、
親が30mm程からすれば
大きな親超えとなった。





自己採集個体として、
愛着のある産地として
大切に累代していく。


vivids ssp.
只今メンテナンス中です。


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



スポンサーサイト

WDの系譜

火の国産ヒラタクワガタの
菌糸ボトル交換を行う事にした。





種親は32.5mm♂となり、
とても小さいWD個体からの
次世代となる。


当たりを付けてスプーンで
掘り当てる。






ヒラタクワガタ特有の
威嚇する顎を見るが
サイズは小さい。


早速体重測定を行うと、





6.9g♀


WDはこんなものかと、
次のボトルに手を掛ける。





見た瞬間、先程の個体と
変わり映えはしないと感じた。





体重は6.5g♀


小さな親からは
小さな子が産まれるという事か。


無念な気持ちで
次のボトルに手を掛けた。





見た瞬間、先程の2頭とは
一線を画す。





ムチムチした身体は
種親を悠に超えていくだろう。





14.4g♂


羽化サイズを
楽しみにする事とする。


vivids ssp.
只今メンテナンス中です。


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



急成長を遂げる

台風が通過してからというもの、
一気に肌寒い日が訪れ、
我が家の飼育部屋にも
変化が現れた。





火の国産ヒラタクワガタを
投入している、ヒマラヤヒラタケが
フィルターを突き破り、
知らぬ間に急成長を遂げていた。





傘のサイズに驚きを
隠せない。


キノコを取り除き、
投入した個体の様子を窺うと、






無事の姿を披露した。



他の同菌床、同時期のものを
確認したところ、






落ち着いたものであった。


この飼育に付いて回る
謎がとても心地よい。


今後も暫くは今の温度帯が
続く為、キノコ狩りに
眼を光らせていく。


vivids ssp.
長崎県 対馬市産 ツシマヒラタクワガタ追加


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



次世代の火の国産

2014/8/23にセットした、
火の国産ヒラタクワガタを
覗くと、幼虫が至る所に
見受けられ、次世代へと
繋がった。





2令まで加齢しており、
菌糸瓶に投入するには
全く問題無いサイズとなる。





何時もならここで
飼育ケースをひっくり返し、
幼虫採取と動く所だが、
本日の双子の息子の運動会での
疲弊感から、明日の割り出しへと
見送った。


ケースから確認出来だけで
9頭が元気な姿を見せた。





爆発的産卵なら、
かぶさんのプレに遅れながらの
協賛を検討する。


vivids ssp.
長崎県 対馬市産 ツシマヒラタクワガタ追加


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



火の国産セット

火の国採集にて
持ち帰ったヒラタクワガタの
産卵セットを組む為、
良質なクヌギ材を手に入れた。





加水し、樹皮を剥ぐ。





雷がゴロゴロと轟くので
急いで剥いだ。


部屋に戻り、マット底面を
キング・ザ・100tでプレスした。





セットする♀はこちら。





この掌は娘。


♀はWDの為、交尾済みとは
思うが、念の為この♀に見合う
アンタエウスクラスの 輝きを
放つ♂を同居させる。





サイズ的にベストなペア。


新種のヒラタクワガタのようで、
とても微笑ましいサイズ。





もし爆産の際は、
かぶさんのプレ企画にでも
協賛する事にする。


vivids ssp.
アフリカ カメルーン産 メンガタメリークワガタ追加


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



↑