2ndブラックに迫る

目的地へと向かう途中、
SAに寄ると灯りに誘われた
甲虫が目に付いた。





ミヤマカミキリか。


他に目を奪われる甲虫も無く、
このSAを後にした。


気温25℃
風は無く、車から降りると
湿気を感じ、不快な夜となる。


しかし、こんな夜には
本命に出会える。


そう信じながら
ラダーを抱え、一歩また一歩と
踏み出すと、汗が滲み出す。


樹液木に到着し、
ライトを徐々に上げていく。


この瞬間が樹液採集の醍醐味、
何が張り付いているのか、
何が光に怯え逃げ去っていくのか。


この樹に来る道中、
蜘蛛の巣が張り巡らされていたが、
どうやら私以外の採集者が
ここに現れた痕跡を見つけた。


なるほど、クワガタの姿が皆無なのも
理解出来る。


そう呟きながらラダーを伸ばし、
前回リリースした♀の小洞に
ライトを当てる。


不在


♀は逃避行と言う名の
飛行で消えてしまったのか。


それとも産卵の為、
この場から消えてしまったのか。


そんな事を考えていると
小洞から1m程上部に当たる
樹皮下にて何かが動いた。





アタック25の最後の問題の如く、
その物体の姿は把握し難い。


光を避けようとそれは
動き、私は察した。





この大きさ、
この点刻、本命♀だ。


前回リリースした♀の
可能性を考えると、
鼓動は落ち着きを取り戻していく。


ステルスヒップパックから
ドライバーを取り出し、
♀採集に臨む。





この樹皮下の出口付近まで
掻き出すと、前回同様、
頭を下に向けて歩き出した為、
潜り込まないようにドライバーを
腹部に滑り込ませ、頭を上げ、掴んだ。





樹上にて確認する。


このサイズは前回採集した
♀と同じような大きさであり、





腹部の微毛も産卵にて
潜る際擦られた形跡もなく、
スケール測定した所
44mmであった為、
残念ながら2ndブラックでは無く、
リリースした1stブラックであった。





この♀がいた樹皮下を
隈無く探すも、♂の姿は無かった。


再びリリースし、





♂への誘惑を待つ。


その他の捲れ、洞を隈無く探すも
コクワガタの小歯を確認するだけであった。


この樹を離れ、
歩こうとすると、





真夏の暴君♀が私のライトに
向かって飛来した。


彼らの季節真っ只中、





疲弊した身体を動かし、
車に乗り込んだ。


無賃乗車を図る
キリギリスを目にしながら、





車を家路へと走らせた。


途中、コンマ何秒か
意識を失くし頭が下がる為
大事を取り、SAで小休憩を入れた。


AM 5:00


vivids ssp.に到着し、
荷物を片付け、タガメの水交換を行い、


AM 5:30


愛娘が眠る隣で
身体を休めた。


昨夏は♂ばかりに出会えたが、
今夏はそう上手く行かないようだ。


樹液採集で10頭、
今夏ミッションが霞む中
70mm♂を求めて今夏の指標を
現実のものにする。


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



スポンサーサイト

足枷解く1stブラック

2017.7.19
PM 8:30


仕事を終え、会社の扉を開けると
何時もより涼しく感じた。


iPhoneにニュースが表示され、
この東海地方も梅雨が明けたと
思われると、曖昧な表現が目に付いた。


月も見当たらず、
気温は幾分涼し気ではあるが、
かっしーさんの台詞が甦る。


「梅雨明けは狙い目」


PM 10:30


意を決して採集道具を詰め込み、
車を走らせた。


単独採集は時間を気にせずに
私の思うまま動けるので、
途中小休憩を入れながら、


2017.7.20
AM 0:20


採集地に到着した。


このクロノグラフを読んで下さる方には
毎度の定型文となる、


薮を掻き分けながら、
大きな巣が張り巡らされた
蜘蛛を確認し、直近で私以外の
採集者はいないと知る。


樹液場まで20m程手前から
樹液臭が漂い、本命採集への
期待が膨らむ。


と、前回と全く同じ内容の中、
樹を下からゆっくりとライトを
上げていく。


静まり返る樹液木に、
見た目クワガタの姿は皆無となる。


今日も坊主か。


そう呟きながら、
ラダーを伸ばし、捲れや洞を覗く。


今夏、樹液の質と洞の形状から
最有力の場所を覗くと、





樹液採集では今夏初となる
1stブラックを目撃した。


ライトで照らされたそれは
とても大きく目に映り、
洞から取り出す為態勢を整える。


絶対に洞を
壊してはならない。


心で決意し、
ステルスヒップパックから
VESSELのドライバーを取り出し、
洞の中に挿し込み、お尻を刺激する。





思うままにそれが
私の手元に近付き、





簡単な勝負に見えた。





ところが、この状態で
本命は頭を突っ込んだまま、
身動きを止めてしまった。


一度後退させて
頭を上げながら
掻き出さなければならない。


そう考え、ドライバーを頭側から
少し押した所、一気に転げ落ちた♀は
元の場所まで戻ってしまった。





しかも当初よりも
警戒心が増幅された本命は
ガチガチに身を固め、
お尻を刺激しようが、
顎にドライバーを挿そうが、
1mmもその場所から
動かなくなってしまった。


私の負けか。


一度ラダーを降り、時間を空けようと、
他の部位を確認する事にした。


他の部位に樹液は出ているものの、
本命が好む樹液の質ではなく、
他クワガタの姿は無かった。


再び先程格闘していた洞に戻り、
光を注ぐと、ガチガチに身を固めたまま
時間だけが過ぎた状態でいた。


約10分程であろう、
頭から、お尻からと
ドライバーを挿し込み、
テコの原理で少しずつ
動かせないか試し続けた。


気をつけたのは、ドライバーで
ボディに傷を付けないようにする事。


私の根気に負けた本命は
少しずつ後退を始め、
再び私の手元に上がってきた。


先程とは異なり、
自ら洞を後にするかのように
這い出てきた所を掌で握り締めた。


握り締めた掌の中で
蠢く本命の身動きはとても力強く、
親指で押さえたまま指を開き
その姿を目の当たりにする。





今夏1stブラックは♀となり、
裏側を確認する。





元気過ぎる事から、
綺麗に写真に収める事は
出来なかったが、黄金の微毛は
擦れる事無く、付節欠けも無い為、
恐らく新成虫と思われる。


樹上でサイズを測ると、





44mmと、昨年採集した
46mmに迫る個体であった。


今夏初のオオクワガタを
採集し終え、足枷が外れ落ちた。


それは、昨年私が採集した♀により
この地からオオクワガタが消えて
しまったのではないかという一つの
思惑が抹消した為。


とは言え、生息数が
多いとはお世辞にも言えない。


東北地方のブナ帯のように、
生息数が多ければ持ち帰るが、
生息分母が比較にならない程
小さいこの地域での♀採集は
次世代に大打撃を与えかねない。


昨年から今日まで
そんな思いに駆られていた。


次世代の為、この♀は元の場所に
リリースする事にした。





それは、次回の採集で
♂を呼び寄せる事になるかもしれない。


そんな微かな望みを抱きつつ、
♀に別れを告げた。





ラダーを降りると、
首の周りに痒みを感じた。


そう言えば、
格闘している時に耳元で
蚊が飛んでいる羽音が聞こえていた。


夢中になり過ぎて、
刺されていた事すら
気にもしなかったのだと
独り笑みを浮かべながら、
樹液の匂いに誘われた
真夏の暴君を見上げ、





この地を後にした。


AM 3:40


vivids ssp.に採集道具を降ろし、
我が家にて遅過ぎる晩御飯を平らげ、


AM 4:00


愛娘の寝顔を見ながら
目を閉じる。


次の2ndブラックは
大型♂であれば。


そんな小さな希望を胸に、
迫る日常の朝を目前に
意識を失くした。


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



火の國採集、悲願成就

採集した部位から
少し上げた場所から食痕が現れ、
ピン材でない事を予見する。





叩き割るというよりは
慎重に削る表現が適している。


やがてその予見は的中し、





次々と探し求めた
オオクワガタが現れた。





食痕が出ると
身を引き締め、





3令を丁寧に取り出していく。





先月の遠征採集を
彷彿させる出現に驚きながら、





継続する力に対して
報われる日が訪れる事を実感する。





材の中心は今後
時間を掛けて本命が好む材となるようで、
樹皮から余り深くない場所から
出現している事に気付く。





そして陽が当たり難い部位には
一切潜んでいない為、
狙いは一目瞭然となる。





切り倒された先端側からも
2頭採集し、





恐らく地面側にも
潜んでいる可能性はあるが、
最低限の採集に留め、





この地から離れた。


仲間に報告を入れ、
フロントガラスを見ると小雨が
降っていた事に気付き、
よく見ると私のウェアにも
雨が付着していた。


目的達成にて大きく息を吐き、
車のシートを倒して少しばかり
目を瞑る。


ここに送り出してくれた
妻に感謝しつつ、目を見開いて
再びグーグルマップを表示させる。


もし夏にこの地に来る事が
あるのなら、その時に備えて
樹液木をマークする。


その目的を胸に
第4ポイントを設定する。


道路沿いに停車させ、
林に足を踏み入れるも
自身のイメージとは異なる地に
30分程歩き、見切りを付ける。


第5ポイントにて
小道ながらも大型車は来ないと
判断したのがいけなかった。


遠くからクラクションが聞こえ、
急いで戻ると大型トラックの
進路を塞いでいた。


大声で謝罪しながら
車を邪魔にならない場所まで
移動させ、再度頭を下げに行くと、
指刺した場所なら停めても良いと
寛大な言葉を頂き、車を停めさせて頂いた。


然し乍ら本命が潜む事は無く、
その地を離れた。


時計を覗くと、


PM 0:30


時刻を知ると空腹である事に
気付くも、第6ポイントへと
車を走らせた。


林の空間も良く、
気になる切り株に
斧を振り上げると、
食痕が走り始めた。


その材からはポロポロと





ヒラタクワガタが現れた。





PM 1:30


雨脚も強まり、
自宅までの道程となる
約900km、12時間の運転への
体力温存も鑑み
本日の採集を終えた。


探し求めた火の國産
オオクワガタは7頭という結果となり、





上出来過ぎる結果に
酔いしれながら、
遅い昼食を摂る事にした。


PM 1:50


焼豚が売り切れにて
支度中の暖簾を潜り、焼豚抜き
魚貝大盛りつけ麺を注文するも、
イメージと異なる味に
海苔屋が始めたラーメンを
恋しく思いながら店を後にした。


妻の実家に到着し、
皆に報告を入れると、
オオクワガタ採集の厳しさを知る
双子の息子達が大声で驚き、
良かったねの言葉に胸が詰まる。


火の國での充実した
スケジュールにて最終日に
完全燃焼採集による悲願成就となり、
更なる深い印象を残す事が出来た。


次は夏の樹液採集がこの地で
出来れば、そんな日が来るよう
日々の生活に注力する。


※オークションにて、採集セット、
超大型アマミシカクワガタカルテット、
WF1スマトラヒラタクワガタ、
ミラビリスヒラタクワガタ出品中



">


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



火の國、完全燃焼採集へ

2017.3.20
AM 6:00


セットしたアラームが
鳴り響き、目を覚ますも
スヌーズに頼り再び目を閉じてしまう。


AM 6:20


力を振り絞り
立ち上がり、身支度を済ませ
階段を降りて行くと
お義父さんがテレビを見ていた。


挨拶をし、採集地を告げ、
行ってらっしゃいの言葉を頂き、
玄関の扉を開けた。


予報通り、午後からは雨が
降りそうな灰色の空を見上げ
車に乗り込みアクセルを踏み込んだ。


目的地は以前から見定めた場所、
過去に火の國で本命は1頭の採集であり、
その採集した個体は羽化せず
息絶えた。


私の中では不完全燃焼採集の為、
今回の採集には力まずにはいられない。


高速道路を走り抜け、





目的地に到着し、
本命を探し歩く。


遠目から見える立ち枯れに
藪を掻き分けて近付く。





立ち枯れは固く
斧を弾き返す為、
折れた先に目を向けるも
クワガタの姿は無かった。


第1ポイントに見切りを付け、
グーグルマップを確認しながら
第2ポイントへと車を走らせた。


30分程林を歩くと、





目を奪われるロケーションに
到達する。


良さそうな朽ちた部分は
根部に近い場所であり、
斧を一閃させると、





クワガタの食痕が
縦横無尽に走り出す。


本命の食べ方とは異なる為、
期待をせずにそれを追うと





ポピュラーな彼が現れる。





更に地面に近い所からは、





新成虫ヒラタクワガタ♀が
現れた。


少しプリッとしたお尻の主は、





ノコギリクワガタであった。





本命が現れない事を悟り、





車へと引き返し、
第3ポイントを選定する。


そのポイントは遠目に
太いクヌギが数本確認出来、
夏の樹液シーズンに訪れてみたい
地であった。


車を停め、
林の中に足を踏み入れると、
切り倒されたクヌギが
4本目に入った。


斧の反対側で材をチェックしていると、
音が異なる部位があり
一閃させると、





見た瞬間、大きさ、艶、色から
オオクワガタと確信した。


前回のかっしーさんの採集にて
諭された言葉を思い出す。


どこから本命が出てきても
いいように慎重に削る事。


かっしーさんが後ろで
見てくれているように、
目の前の個体を本命と思い、
丁寧に追い掛けていく。








食痕をケースに仕舞いながら
個体を取り出せる状態にし、





斧を置き、
右手を握り締める。





掌に乗せ、





顔を確認し、


AM 10:00


不完全燃焼採集に終止符を打つべく、
独り咆哮を曇り空に放った。


To be continued.


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



極太大歯樹液採集

顎が光を照り返すその主に
VESSELを捲れに挿し込み、
お尻を刺激させ掻き出し、
右手で掴んだ。





ダニに全身覆われた
オオクワガタ♂の
採集に至った。





その顎の太さを二度見し、
2人絶叫しながらとんかちさんと
ハイタッチを交わす。


とんかちさんは初となる
天然オオクワガタ採集を
目の当たりにし、
感嘆の声を零した。


この地にもオオクワガタがいる。


私の本命生息地の条件補正が
必要と実感した。


♀の存在の可能性も有り、
捲れを覗くもクワガタの姿は無い。


ペアで採集する事がどれ程
困難を極めるのか、
本命樹液採集者には痛感される
難関ミッションとなる。


この地を見直す必要があると、
2人眼を光らせて次々と樹に
ラダーを掛けては登り、
ライトを当てた。





とんかちさんの手で
本命採集して貰いたく、
積極的に樹上へと登って貰う。


雨は本命採集と共に上がり、
残念ながら追加は無いまま
車へと戻り、喉を潤そうと
コンビニに寄り2人祝杯を上げた。





本命採集の祝杯程
美味と感じるものは無い。


2人、喉の渇きから
ゴクゴクと飲み干し、
地図を睨み大きくポイントを
変える事にした。


車から降りて採集装備を
身につけていると、
一台の白い軽トラが通過した。


暫くすると、
通過した筈の軽トラが勢いよく
バックして来ると、我々の位置で
停車した。


年配の方が車から降りて
大きな声で尋ねる。


「何採りに来た?!」


私はクワガタを採りに来たと
告げると、皆決まって驚く顔をし、
立ち去って行くが、
この年配の方は違った。


どんなのを採ったか
見せて欲しいと言う。


私はケースに仕舞った
極太大歯を披露すると、


「どぅおお~、でっけー!!」


と、大変驚かれ、
目がまん丸とはこの事だと
3人で笑い合った。


PM 2:30


とんかちさんの奥様方を
迎えに行く時間を考えると
残り1時間半か。


目的地に停車させ、
毎度訪れるクヌギの樹まで
辿り着くと、樹液臭が3m程
離れた場所からも漂う。


斜面を登り、樹を見渡すが
コクワガタの姿のみが伺える。


このすぐ傍で冬に相棒masaさんが
本命採集しているにも関わらず、
この樹に入らない。


本命採集の奥深さを
身に染みて感じる。


車に戻り、装備を載せていると、
とんかちさんの目がキラキラと
輝いていた。


藪の中に自生している栗が
台風の影響か、
本日の雨の仕業か、
ゴロゴロと落ちていた。





イガを剥き、栗を取り出す。





まだ虫に食べられていない
大きな栗をとんかちさんに
手渡すと、屈託の無い笑顔を見せた。


インターチェンジを降車してから
気になる地を見ようと
最後のポイントと定め、
車を走らせる。


その地の条件は良いものの、
幼虫が育つ環境が無く、
樹液も少々と私が思う本命生息地とは
大きく異なる地であった。


最後にもう1箇所、
気になるポイントに近付き、
近くにいた地元の方に声を掛ける。


お決まりの台詞、
「クワガタを採りに来ました。あの樹を
見させて貰ってもいいですか?」


お決まりの台詞が返ってくる。


「クワガタ・カブトはもう居ないよ」


笑顔で入山の許可を得て、
とんかちさんとその樹に向かう。


スズメバチが多数飛んでおり、
期待出来るかと思ったが
洞や捲れが少なく、
採集地順位の表彰台とまでは
行かなかった。


PM 4:15


汗と雨と泥にまみれた
衣服を脱ぎ捨て、採集装備を片付けた。


インター近くのガソリンスタンドで
給油し、奥様方を迎えに走った。


途中、SAで夕食を摂り、
とんかちさんの車に付いている
クルーズコントロール機能を
試そうと取説を熟読し、
2人感動しながら目的のインターを降りた。


奥様のお父様もクワガタを
飼育している事から、
奥様の実家に上げて貰い
ジュースを頂きながら
飼育個体、標本を見させて頂いた。


お父様のクワガタ飼育や
標本の説明をされている時の
表情は笑顔で満ち溢れていた。


本日の採集個体を皆様に披露し、
ご実家を後にした。


PM 11:00


とんかちさんと固い握手を交わし、
奥様に感謝を述べ、ファミリーに手を振った。


家に戻り、
採集装備や個体をvivids ssp.に
運び込み、近くのコンビニで
アルコールを購入し、
独り採集を振り返った。





今夏本命樹液採集は、
68.7mm♂の嫁探しで
決着を付ける予定であったが、
極太大歯♂で終止符を打つ。


冬場に記録した
樹液ポイントが功を奏し、
今夏8頭のオオクワガタ
樹液採集に至った。


MASTER'S DREAMを
心地よく飲みながら
寝室に向かうと、枕元に手紙が
置いてある事に気付いた。





娘の字にはみ噛みながら
開封すると





おつかれさま。


娘の気遣いを嬉しく思うと、
アルコールが睡魔を召喚させた。


目を瞑りながら
本命採集のNext levelに向けて、
自己研鑽を惜しまずに
フィールドを駆けていく姿を想い描く。


vivids ssp.
vivids AMG採集個体販売


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



↑