愛弟子を連れて

午前中は子供達を連れて、
市民プールで過ごした。


午後から双子の息子達は
部活に向かい、娘はしゅんちゃんの
家で遊ぶ事になり、しゅんちゃんを誘う。


「ssp.に来るかい?」


首を縦に振るしゅんちゃんを
助手席に座らせて、
vivids ssp.に向かった。


タガメ3令の餌替え、
水換えを行うと、


「セーケンさんのタガメ、ちっさ。
まだ3回しか脱皮してないの?
うちのは4回脱皮してるよ」


と、しゅんちゃん宅は全て4令と言う。


パパが頑張っているからだよと諭し、
まだ時間がある事からヌマエビを
採りに行くかい?と聞くと、


「行きたい!」と、飛び跳ねた。


二人、車に乗り込み、
ヌマエビが多数生息する地へと
走らせると、


「あと何秒で着く?」


と、聞くので600秒と答えると、
10を何回数えたらいい?との答えに
60回と言うと、外の景色を見つめた。


到着し、
ヌマエビの採り方を教える。


網の中に入るヌマエビを
掴み、ケースに入れていく。





大きなヌマエビが
網に入ると、大きな声で
喜んでくれる。


ヌマエビ採集を堪能し、
タイコウチ採集を提案すると、
すぐ行こうと車に乗り込んだ。


しゅんちゃんの空手の時間も
考慮して急ぐと、残念ながら
田圃の水を抜かれたと同時に
枯渇したようだ。


何もいない堀上を後にし、
vivids ssp.にて採集したヌマエビを
水槽に入れ、





洗い物をしていると、
しゅんちゃんが


「あれ、オオクワ?」


と、聞くので指差した方を見ると、





火の國で採集した個体が
羽化していた。


感慨深い個体の羽化の
説明をしゅんちゃんにすると、


「ふーん」と、興味が無いようだ。


しゅんちゃんの空手の時間が
差し迫る為、vivids ssp.を後にし、
しゅんちゃんの家に向かった。


到着し、採集内容をパパとママに
披露し、





得体の知れない生き物は
しゅんちゃんが図鑑で調べると言う。


愛弟子を連れてのヌマエビ採集行は
とても楽しかった。


5歳とは思えない発想や
応酬に興味を唆られる。


将来が楽しみなしゅんちゃんとは
また明日会える。


明日はどんな話をしてくれるのか。


今から楽しみである。


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



スポンサーサイト
↑