本丸実績地採集

相棒と樹液採集を終え、
シャワーを浴び、時計を覗くと


AM 2:00を過ぎていた。


アラームをセットし、
眼を瞑るも中々寝付けず、
意識が残る中アラームが鳴り響いた。


AM 4:30


双子の息子達を起こし、
準備を整えて車に乗り込んだ。


AM 6:00


ジャストにとんかちさん邸に
到着し、連絡をすると
とんかちさんが現れ、挨拶をした。


今回は東海エリアで
ナミゲンゴロウ採集の
実績として名を馳せる地に、
とんかちさんと息子達4人で向かった。


道中、近況を語りながら
ゲンゴロウにまつわる話を連ね、
とんかちさんがマークしたポイントに
到着すると、民家の方が見えたので
挨拶をして話をする。


・この辺にゲンゴロウはいない事
・昔は沢山いた事


そしてマークした池で網を入れても
良い許可を頂き、辞去した。


AM 7:20


ウェーダーを履き、
網を携えその池に降り立った。





池の水面を凝視する。


甲虫達が酸素供給で
上がってくるかを確認する。


また、カエルの死骸がないかを
池の淵を歩きながら探す。


これまでの経験から
上記の動き、痕跡が無い池には
虫自体の生息が少ない。


それは天敵となるウシガエル、
ザリガニ、ブラックバス、鯉などが
その池を牛耳る理由ではないかと考える。


その為、この池は網を入れずとも
ナミゲンゴロウ採集に到達しないと
判断した。


息子達の網には
巨大なヤゴが入るのみとなり、





この池を見切った。


私ととんかちさんが
2人マークしたポイントは
多数ある為、一つ一つ精査し、
車を走らせた。





到達する池には同じ
水草が蔓延り、
先程と同じ動き、痕跡は
見当たらなかった。


とんかちさんの車で
山道を難無く乗り越えていき、
山の中にある池を目指した。





この池も小型のガムシや
ゲンゴロウの姿を見ない。


何かがズレているのか。


色々と思案するも
答えは出ず、兎に角車を走らては
ポイントを見回った。


民家の方には積極的に声を掛け、
この地の生息状況を聞きながら
採集の許可を得ていった。


皆が口を揃えて話すのは、
「昔は沢山いたが、今は見かけない」


この台詞を必ず口にされる。
もはやお伽話か。


田圃の水路は全てコンクリートの
U字溝となり、農薬を撒く事が
この実績地を大きく変えてしまったようだ。


4人、肩を落としながら
車に戻ろうとすると、
赤いカエルを目にした。





カエルに興味は無い為、
リリースし次なる池を目指した。





まるで動きの無い池が続き、
私の知るタガメポイントは
まだ生き物が豊富な方だと比較出来た。





イモリの死骸を見つけるも、
吸われたのではなく、
噛まれた痕にタガメの仕業ではないと
判断した。





とんかちさんがマークした
これまでで一番可能性を感じる
この池には、ゲンゴロウの産卵床となる
クワイが自生していた。


オタマジャクシも豊富、
ザリガニも豊富であるこの池も
甲虫の姿は無かった。


此処まで虫の気配がないと
網を持つ力が薄れてくる。





良さそうな田圃の堀上に
次男がカエルの死骸を見つけると、
皆のテンションが鰻登りとなるが、
結果には繋がらなかった。





その後もマークした池を
探り続けるも、





ナミゲンゴロウには
出会えなかった。


焦点を合わせる何かに
答えは見つからず、
それでも私はこの実績地には
居ないと見切る事にした。


本丸ゲンゴロウ採集、
この難易度がまた採集魂に
火を焚べる。


必ずやこの手で
掬ってみせると、
自分自身に言い聞かせ、
Googleマップを見続ける日は続く。


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



スポンサーサイト

闇に包まれる前に

PM 3:00


予定通り相棒masaさんが
到着し、車に乗り込んだ。


強風吹き荒れる中、
vivids ssp.にて採集道具を載せ、
私が記したポイントまで
車を走らせた。


道中何時もの如く、
近況を語りながら
片腹を抱えて笑いながら。


太陽が黄金色に暮れながら
植えられた稲の水面を
風が細波を作る様子を
車窓から眺めていると、
農家の方が見えたので
車を降りて挨拶をしながら近付いた。


笑顔で挨拶をして頂き、
この辺りのタガメ生息状況を聞くと、
「昔は田圃に沢山いたけど、
今は農薬の影響で殆ど見かけなくなった。
タガメやゲンゴロウはよく見かけた」


と、昔の生息状況を教えて頂いた。


この先の田圃の堀上での
採集許可を頂くと、笑顔で
首を縦に振って頂けた。


農家の方に御礼を述べ辞去し、
相棒が停車させた場所まで戻った。


農家の方との会話を
相棒に話しながら採集ウェアに着替え、
以前息子とタガメを採集した
ポイントに降り立った。





二手に別れ、先ずはカエルの
死骸を探し歩いた。


すると、相棒がカエルの死骸を見つけ、
タガメがこのエリアにいる事を確認した。





相棒に掬い方を伝授し、
二人再び手分けする形で
持ち場に着いた。


堀上の水温はかなり高く、
もしかすると日陰部に
移動しているのではないかと掬うと、





多種多様な水辺の生き物が
網に入った。





タイコウチやマツモマムシ、
コオイムシが入る中、
本命タガメの姿を見る事は無かった。


相棒方面に掬いながら向かうと、





イモリの死骸が目に入った。


このポイントには
必ずタガメが潜んでいると
確信するものの、中々採集に至らない。


本当に絶滅危惧種だと
呟きながら、網を掬い続けるも
結局二人の網には入る事が無かった。


おかしいと首を傾げながら
次なる有力堀上に向かった。


第2堀上を二人で歩くも、
カエルの死骸を見かける事なく
網にはコオイムシ止まりであった。


第3堀上を目指し、停車させるも
カエルの死骸は見当たらなかった。


前回のタガメ採集で得た経験から、
カエルの死骸が無ければ
タガメは存在しないと考えながらも
二人網を掬い続けた。


時計を覗くと、


PM 6:10


もうこの場を
離れなければならない。


然し乍ら、
第1堀上で見たあのカエルの死骸が
頭から離れられない為、
相棒に話し、第1ポイントに車を回した。


陽は沈みかけ、
辺りが闇に包まれる前に
もう一度二人で、堀上の端から
掬い始めた。





掬い始めてから10分程経った頃、
相棒が大声を上げた。


30m程離れた相棒に向かって
全力で走り寄ると、





相棒の網の中には
巨大なタガメが入っていた。


相棒とハイタッチを交わし、
里山に歓喜の声が響いた。


相棒自身、初となるタガメ採集、
また実際に触れるのも初となり、





「大き過ぎて気持ち悪い」
と評した。


採集した個体が♀の為、
♂は居ないかと掬うも
タイムアップとなり、
ハイテンションのまま車に乗り込み、
次なるミッションに向けて
目的地へと車を走らせた。


To be continued.


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



彼らのStay gold

2017.5.28
AM 10:50


長男が友人とゲンゴロウを
採りに行くと約束し、
次男と共に自転車に乗り
急いで出掛けて行った。


私は小学5年生の時から
友人と採集に出掛けていた為、
思い出をなぞるような光景に
懐かしさを感じた。


PM 0:30


娘と2人でリサイクルステーションに
廃棄しに向かうと、必死な形相をした
4人の集団が目に映った。


大人でも草臥れる登り坂を、
立ち漕ぎをしながら大声で
手を振る先頭は我が子であった。


息子の友人が昨年見た
ゲンゴロウポイントには
何も居なかったと言い、
私にタガメポイントへ
連れて行って欲しいとせがんできた。


娘とリサイクルステーションで
目的を果たし、家に戻ると
息子の友人2人が親の許可を
確認していた。


長男は先程のポイントで
採集したと言いながら
ケースを私に披露すると、





絶滅危惧種となる
ヒメタイコウチを採集していた。


本種は市や県により
天然記念物に選定されている種と教え、
元いた場所に逃がすよう指示をした。


PM 0:50


それぞれの親の許可を貰い、
時間的に前回タガメ採集ポイントは
遠過ぎる為、私が以前から気に掛けていた
池に向かう事にした。


Googleマップとのギャップは
如何なものか。


恐る恐る丘を登り
見渡した景色は、





それはそれは素晴らしい景色であり、
ナミゲンゴロウ採集に前進したと
声を漏らした。


池は危険な為、集団で動くように
指示を出し、私がどの程度のリスクが
生じるのか、池の淵を歩き確認した。


足が飲み込まれるような
沼でない事を確認し、
網で好きなように掬うように伝えた。





長男の友人の一人は
メダカを飼育し、魚やドジョウが
好きと言い、天然のメダカが
泳いでいる姿を目にすると
目を輝かせた。


然し乍ら網に入るは
コオイムシの幼体であり、





ザリガニや鯉の姿を目にし、
水面を観察しても甲虫が
酸素供給で上がる姿が皆無な為、
残念ながらこの池を見切り、
第2ポイントを思案した。


息子の友人達が楽しめる場所を探したが、
手っ取り早くとんかちさんと訪れた
池に向かう事にした。


前回と比べると
池の水量が減り、
網を入れても水生昆虫の姿は
乏しかった。





私の網には緑色のヤゴが入り、





私も含めて皆が目を丸くした。


メダカやドジョウが好きな子の
網にはタイコウチが入るが、





皆興味がないらしく、
即座にリリースとなった。


我が娘はイモリ狙いで網を入れ、





見事捕らえ、
白い歯を見せた。





息子達はこの池で長靴を脱ぎ、
素足で網を持ち、何度も掬った。


皆大声を上げ、
笑い声は絶えなかった。


今、自然と触れ合って休日を過ごす
子供達はどれ位いるのか。


そんな事を考えながら
時計を覗くと、


PM 3:45


皆に採集を終えるように指示し、
車へと戻る途中にふと立ち止まった。


前回のとんかちさんとの採集時には
水が無く、見過ごしていた
田圃の堀上が気になり、
降りて行くと、





タガメ採集のセオリーとなる
カエルの死骸を目にした。


長男は前回のタガメ採集で
経験がある為、
「みんな、近くにタガメがいるよ」
と、皆を呼び寄せた。


皆一斉に網で掬うも、
一向にタガメは入らない。


おかしいと長男と二人
首を傾げていると、
もう一体の死骸が目に入った。





絶対に居ると確信しながら
テンションはクライマックスに
到達する。


次男は自身初のクロゲンゴロウを
採集し、





喜びも束の間、
脚が欠けている事に気付き
リリースした。


網に入るは
コオイムシのみとなり、


PM 4:30


後ろ髪を引かれながら急いで車に乗り、
帰り道のコンビニでアイスを頬張り、
車内でスパルタンXを堪能しながら
家路を急いだ。


PM 5:10


友達二人を笑顔で見送り、
Aqua gangstar quest
パーティーは解散した。


タガメ採集とはいかなったが、
皆それぞれ楽しんで頂けたようで、
引率した私の肩の荷は降りた。


もし、また息子の友人達が
採集に出掛けたいと声を上げるなら、
その願いに応えたいと思う。


彼らのStay goldに
その場面が一つでも刻まれるように。


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



自身への自信

2017.5.21
AM 5:15


アラームをセットし忘れてしまい、
5時起床に至らず、自らを呪う。


双子の長男を起こし、
2人で水中ギャングを追うべく
車に乗り込み、アクセルを踏み込んだ。


AM 5:30


vivids ssp.にて採集用具を積み込み、
西へと車を走らせた。


新緑の景色が流れ、
朝日を浴びながら
長男と中学の近況などを話した。


こういう時間も必要と
感じながら、深夜遅くまで
毎日Googleマップで探し印した
ポイントへ向かう。


AM 7:30


目的地に到着した際、
息子と2人唸り声を上げる。





護岸されておらず
草などの生え方や、





水草などの在り方に
ナミゲンゴロウが生息しているのではないかと
長男と池を回りこむ。


然し乍ら2人して網を入れるも、
ゲンゴロウどころかマツモムシや
コオイムシさえ入る事はなく、
昆虫の姿はヤゴだけであった。


2人の網には魚がよく入り、





魚群がよく目に留まった。





20cm程の魚が勢い良く泳ぐ姿を目にし、
息子に声を掛け、
第一ポイントはゼロポイントと
早々に引き上げた。


折角中間テストが
終わった開放感の中、
鬱屈させてはならぬと、
前回クロゲンゴロウとガムシが
唸る程生息していた湿地帯を
第2ポイントとして設定した。


前回、コオイムシよりも大型の
生体が消えた残像が脳裏から
消えない事も理由となる。


道中、良さそうな木が
目に入り、車を降りて確認する。





よく目を凝らすと、
樹液を出すボクトウガの
幼虫を確認した。





樹液採集が始まる。


そう実感しながら、
第2ポイントへと車を走らせた。


AM 8:50


長男にその池を披露すると、
興奮した表情で
「お父さん、ここは居そうだね」
と、甲高い声を上げた。





網を入れれば、





クロゲンゴロウが入る。





息子が初採集となる
ガムシを手にすると、





その大きさから
ナミゲンゴロウと見間違え、
掬う度に驚き、落胆を繰り返した。


水面には大きな背中に
卵塊を背負ったイクメン
コオイムシが浮かび、





私が前回タガメの幼体と見間違えたのは、
このオオコオイムシではないかと
結論付けざるを得ない。





大量のクロゲンゴロウ達を
全てリリースし、





時計を覗くと


AM 9:50


娘と公園に行く約束をしている為、
お昼には戻らなければならない。


逆算すると、ナミゲンゴロウを
探していては時間は足らず、
ターゲットをタガメに定め、
再びGoogleマップを睨む。


車のクーラーに当たりながら、
2人汗を拭い水分補給をし、
アクセルを踏み込んだ。


田圃の理想的な堀上を探しながら、
良さそうな場所があれば
バックミラーを覗き、停車させる。





やがて見た事のある風景が飛び込み、
マップを確認すると、
前回単独で採集に来たポイントに
到達した。


相変わらずのロケーションの良さを
感じつつ、息子にカエルやオタマジャクシの
死骸が浮かんでいないかを探すよう命じる。


すると、水が停滞した場所で
カエルが浮かんでいた為、
息子を呼び寄せた。





このタガメ採集のセオリーとなる
カエルの死骸を指差し、この周辺に
タガメがいる可能性を示唆した。


私は少し先に向かいながら
網を堀上の中に入れると、
次の瞬間、息子が絶叫した。


「お父さん、入った!!!」


私は半信半疑で
息子の網の中を覗くと、





私が小学生の頃、お小遣いで
購入した以来のタガメが
網をよじ登って来た。


息子の肩を叩き、
ハイタッチした掌は
大きな音を奏でた。


息子は自身初となる
タガメ採集に大声を上げて喜んだ。





「お父さん、僕、今日も採れないと思ってた。
本当にいるんだって信じられない。
良い休日となったよ」


この言葉を聞き、
採集に連れて来て良かったと
染み染みと実感し、息子の頭を撫でた。


この地にはまだいるかもしれない。


そう2人意気込み、
網で掬うも





タイコウチや、





シマゲンゴロウが入るのみで、
タガメが追加される事は無かった。


時計を覗くと、


AM 11:55


娘の顔を浮かべ、
採集に目処を付けて
誰も通らない道の路肩で
着替えをする事にした。


息子は泥塗れのウェアと
ズボンを前に、不安な顔を浮かべていた為、
お風呂で洗えば良いと言い、
2人汗だくの服をリュックに仕舞い、
採集したタガメを入れた
発泡箱を助手席で息子が
大事そうに抱えながら
幾度も生存を確認していた。


高速道路に乗ると、
息子は疲れ果てた顔で
タガメを運転席と助手席の間に置き、
眠りに就いた。


息子の寝顔を見ながら
幾度も採集までの場面を思い返す。


目的を定め、
それに向かって試行錯誤し、
失敗を繰り返した後、
自らの力で達成させる。


この成功体験は
たかが昆虫採集でありながら、
目標に向かい、それを成し遂げる事で
自身への自信を構築し、
人間力を形成すると私は考えている。


我が息子ながら
WDタガメ採集を遂行し、
感動させて貰った。


次は本丸ナミゲンゴロウ採集か。


樹液採集が目前となる中、
ナミゲンゴロウを採集すると
声に出し、目標を定める。


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



水中MA捕獲

長男と2人で水中ギャングを
求めて西へ車を走らせ、





漸くジオン軍のMA
グラブロを彷彿させる
水中ギャングを捕獲した。


詳細は後程綴る事とする。


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



↑