火の國採集、悲願成就

採集した部位から
少し上げた場所から食痕が現れ、
ピン材でない事を予見する。





叩き割るというよりは
慎重に削る表現が適している。


やがてその予見は的中し、





次々と探し求めた
オオクワガタが現れた。





食痕が出ると
身を引き締め、





3令を丁寧に取り出していく。





先月の遠征採集を
彷彿させる出現に驚きながら、





継続する力に対して
報われる日が訪れる事を実感する。





材の中心は今後
時間を掛けて本命が好む材となるようで、
樹皮から余り深くない場所から
出現している事に気付く。





そして陽が当たり難い部位には
一切潜んでいない為、
狙いは一目瞭然となる。





切り倒された先端側からも
2頭採集し、





恐らく地面側にも
潜んでいる可能性はあるが、
最低限の採集に留め、





この地から離れた。


仲間に報告を入れ、
フロントガラスを見ると小雨が
降っていた事に気付き、
よく見ると私のウェアにも
雨が付着していた。


目的達成にて大きく息を吐き、
車のシートを倒して少しばかり
目を瞑る。


ここに送り出してくれた
妻に感謝しつつ、目を見開いて
再びグーグルマップを表示させる。


もし夏にこの地に来る事が
あるのなら、その時に備えて
樹液木をマークする。


その目的を胸に
第4ポイントを設定する。


道路沿いに停車させ、
林に足を踏み入れるも
自身のイメージとは異なる地に
30分程歩き、見切りを付ける。


第5ポイントにて
小道ながらも大型車は来ないと
判断したのがいけなかった。


遠くからクラクションが聞こえ、
急いで戻ると大型トラックの
進路を塞いでいた。


大声で謝罪しながら
車を邪魔にならない場所まで
移動させ、再度頭を下げに行くと、
指刺した場所なら停めても良いと
寛大な言葉を頂き、車を停めさせて頂いた。


然し乍ら本命が潜む事は無く、
その地を離れた。


時計を覗くと、


PM 0:30


時刻を知ると空腹である事に
気付くも、第6ポイントへと
車を走らせた。


林の空間も良く、
気になる切り株に
斧を振り上げると、
食痕が走り始めた。


その材からはポロポロと





ヒラタクワガタが現れた。





PM 1:30


雨脚も強まり、
自宅までの道程となる
約900km、12時間の運転への
体力温存も鑑み
本日の採集を終えた。


探し求めた火の國産
オオクワガタは7頭という結果となり、





上出来過ぎる結果に
酔いしれながら、
遅い昼食を摂る事にした。


PM 1:50


焼豚が売り切れにて
支度中の暖簾を潜り、焼豚抜き
魚貝大盛りつけ麺を注文するも、
イメージと異なる味に
海苔屋が始めたラーメンを
恋しく思いながら店を後にした。


妻の実家に到着し、
皆に報告を入れると、
オオクワガタ採集の厳しさを知る
双子の息子達が大声で驚き、
良かったねの言葉に胸が詰まる。


火の國での充実した
スケジュールにて最終日に
完全燃焼採集による悲願成就となり、
更なる深い印象を残す事が出来た。


次は夏の樹液採集がこの地で
出来れば、そんな日が来るよう
日々の生活に注力する。


※オークションにて、採集セット、
超大型アマミシカクワガタカルテット、
WF1スマトラヒラタクワガタ、
ミラビリスヒラタクワガタ出品中



">


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



スポンサーサイト

火の國、完全燃焼採集へ

2017.3.20
AM 6:00


セットしたアラームが
鳴り響き、目を覚ますも
スヌーズに頼り再び目を閉じてしまう。


AM 6:20


力を振り絞り
立ち上がり、身支度を済ませ
階段を降りて行くと
お義父さんがテレビを見ていた。


挨拶をし、採集地を告げ、
行ってらっしゃいの言葉を頂き、
玄関の扉を開けた。


予報通り、午後からは雨が
降りそうな灰色の空を見上げ
車に乗り込みアクセルを踏み込んだ。


目的地は以前から見定めた場所、
過去に火の國で本命は1頭の採集であり、
その採集した個体は羽化せず
息絶えた。


私の中では不完全燃焼採集の為、
今回の採集には力まずにはいられない。


高速道路を走り抜け、





目的地に到着し、
本命を探し歩く。


遠目から見える立ち枯れに
藪を掻き分けて近付く。





立ち枯れは固く
斧を弾き返す為、
折れた先に目を向けるも
クワガタの姿は無かった。


第1ポイントに見切りを付け、
グーグルマップを確認しながら
第2ポイントへと車を走らせた。


30分程林を歩くと、





目を奪われるロケーションに
到達する。


良さそうな朽ちた部分は
根部に近い場所であり、
斧を一閃させると、





クワガタの食痕が
縦横無尽に走り出す。


本命の食べ方とは異なる為、
期待をせずにそれを追うと





ポピュラーな彼が現れる。





更に地面に近い所からは、





新成虫ヒラタクワガタ♀が
現れた。


少しプリッとしたお尻の主は、





ノコギリクワガタであった。





本命が現れない事を悟り、





車へと引き返し、
第3ポイントを選定する。


そのポイントは遠目に
太いクヌギが数本確認出来、
夏の樹液シーズンに訪れてみたい
地であった。


車を停め、
林の中に足を踏み入れると、
切り倒されたクヌギが
4本目に入った。


斧の反対側で材をチェックしていると、
音が異なる部位があり
一閃させると、





見た瞬間、大きさ、艶、色から
オオクワガタと確信した。


前回のかっしーさんの採集にて
諭された言葉を思い出す。


どこから本命が出てきても
いいように慎重に削る事。


かっしーさんが後ろで
見てくれているように、
目の前の個体を本命と思い、
丁寧に追い掛けていく。








食痕をケースに仕舞いながら
個体を取り出せる状態にし、





斧を置き、
右手を握り締める。





掌に乗せ、





顔を確認し、


AM 10:00


不完全燃焼採集に終止符を打つべく、
独り咆哮を曇り空に放った。


To be continued.


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



咆哮、火の國

2017.3.20
ジャストAM 10:00


火の國にて
独り雄叫びを上げた。





恒例、詳細は後程
綴る事とする。


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



小春日和の河川敷採集

昨夜はしゅんちゃんパパ宅にて
夜遅くまで飲み、いつの間にか
ソファで寝てしまった。


AM 6:30


アラームが鳴り響く中、
妻に起こされ飛び起きる。


急遽親分から採集に
誘われた約束が6:30であった。


急いで親分に連絡し、
申し訳ないと思いつつ
しゅんちゃん宅まで迎えに来て貰った。


睡眠時間は3時間無い中、
親分の車の助手席に座る
とんかちさんに頭を下げ、
車を前回採集した河川敷へと走らせた。


小春日和とはこのような
気候を指すのではないか。


現地に到着し、
3人意気揚々と材を探しに歩き、
藪を抜けていく。


中々思うようなポイントに
辿り着けず、漸く良さそうな材を
見つけ、斧を一閃させる。





カブトムシの隣に
コクワガタが現れ、
根付近からのヒラタクワガタ狙いに
路線変更させる。





しゅんちゃん達と採集した
ポイントから上流に移動した
場所からは中々ヒラタクワガタが現れない。





大きなコクワガタの上部に見える
脚は、河川敷ならではの蟹の脚となる。


全く以って良い材は見つからず、
場所を転々と変えては
クワガタを探し歩く。


大きな個体と思いきや、
カブトムシの姿に笑みを浮かべ、





根をスコップで取り出す。





固い根からは
漸く目的のヒラタクワガタが現れ、





この材からは
2頭止まりとなる。





とんかちさんが
根付近から採り出した
個体を見せて貰うと、





ヒラタクワガタ♀であった。


飼育も採集もセンス光る
とんかちさん、侮れない。


その材に皆で戻り、
根を掘り起こして
親分が出した個体は、





残念ながら
ノコギリクワガタであった。


この根採集にて、
再び親分の怪力ととんかちさんの
マッスル振りを目の当たりにし、
良いコンビだと感心した。


PM 1:30


午前中採集で終焉を
迎える筈が、オーバーしてしまい
急いで車に戻り、帰り道に
3人でラーメンを啜り、
家路を急いだ。


PM 3:30


我が家に到着し、
親分ととんかちさんに右手を振った。


部屋に戻り、
私の携帯電話が無い事に気付き、
仮眠を1時間取り、とんかちさん宅まで
取りに向かった。


前の晩に飲み過ぎた事から、
何もかもチグハグな本日の行動に
嫌気を刺しながら、とんかちさんから
携帯電話を受け取り、家路を急いだ。


採集前の晩酌は
程々にすべきであると、
胸に刻み、残り僅かとなりつつある
冬季採集に悔いを残さぬ日程を
組まなければならない。


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



赤枯れ再調達

ヤエヤママルバネ用に
赤枯れ材を調達しに出掛けようと
用意していると、長男が同行したいとなり、
二人で山に向かった。


前回調達した場所に
車を停車させ、
二人で現地へと向かう。





材に変化は無く、
追加で赤枯れとして
使用出来る部分を採取した。





指定ゴミ袋45Lの内、
約8割程を積め込み、
2令を迎える幼虫用に
準備を整えた。


少しばかり時間が空いた為、
長男と山を散策した。


遠目から立ち枯れが目に入り、
どのようにして近付こうか
思案しながら歩いていると、
息子でも付いてこれそうなルートを
見つけ、背の高さを越える藪を
掻き分けながら目的の木に
辿り着いた。





コナラの立ち枯れで
私が叩ける範囲の朽ち方は、
何時ものコナラ枯れであった。


足元にある倒木からは、





3令幼虫の姿を確認し、
息子に潰さないように
取り出すように指示した。


暫くすると、
長男が声を上げそれは
掌に乗せられた。





コクワガタを釣り上げたようで、
面持ちは柔なかなかものであった。


他からも現れるは
コクワガタであり、





時計を覗き、
妻に約束した時間に戻る為
車へと急いだ。


フィールドで森の空気を
満喫しながらクワガタを探し歩く事は、
私にとっての最大のリフレッシュとなる。


それが次男も参加してくれたら
言う事は何も無い。


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



↑