鴛鴦の契りの如く

♀殺しの心配が全くない
クベラツヤクワガタを
産卵セットと共に同居させていた。


マットからウネウネと
線虫が現れ、やがてコバエが
フーリガン化し、我慢ならず
外でマットを交換する事にした。





飼育ケースの側面や底面から
卵や幼虫の姿が無い為、
マットが適さなかったのか、
成虫の成熟度が浅かったのかと
思い込んでいた。


マットをタライに
押し出そうとすると、





卵が転がり出るのを
見逃さなかった。


産んでいるのであれば
慎重に事を進めなければならない。


マットを全てタライに押し出し、
固形部を崩していくと、





初令幼虫が現れた。


身体も青黒い為、
マットを食している事となる。


他個体を探すと、





初令











初令と現れ、





製氷皿21個を全て埋める、
卵16個、幼虫5頭を初回セットにて
得る事となった。


卵はこのように、





マットに埋め込まれるように
産卵している為、





固めたマットに埋め込み、
上からマットを被せ
ケースを閉じた。


雌雄ともに健在の為、
第2セットを組む事にした。





鴛鴦の契りの如く、
♀殺しの心配が無い種は
手が掛からず安心して
同居させられる。


本種もギネスレコードを
狙える種となる。


長歯の条件を掴む事が
イコールになると考える。


※オークションにて採集セット、
スマトラオオヒラタ、ウォレスノコギリ、
超大型アドゥンクスフタマタ、
ムニスゼッチフタマタ、自己採集オオクワガタ、
マンディブラリスフタマタ、
タランドゥス、アルキデスヒラタ出品中



">


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



スポンサーサイト

CTとクベラセット

健康診断で脾臓血管腫を指摘され、
CT撮影をすべく病院へ向かった。





生理食塩水?の点滴を入れる時に
不慣れなのか、下手なのか、
腕が血塗れになり、
不安になりながら
造影剤投入で全身が熱くなり、
吐きそうになる。


我慢するも
もはや限界かと思い、嘔吐受けを
用意して貰ってから徐々に慣れていき、
あと1分の声に辛抱し、
何とか撮影を終えた。


結果は先生不在の為、
後日となる。


健康診断ミスを願う。






2017.1.14に同居させた
クベラツヤの産卵セットを
用意する事にした。





マットはビートルマット8に対し、
生オガマット2、の対比で
混合させた。





底詰めをセオリー通り行い、
マットを被せ、♀を置く。





暫く様子を見て、
進捗が無ければ次なる一手を模索する。


久しぶりの宿泊採集遠征を目前に、
遠足前の興奮状態を落ち着かせ、
瞼を閉じる。


※オークションにてアマミシカクワガタ
初2令8頭、コンフキウスノコギリクワガタ、
ムニスゼッチフタマタクワガタ、
ヒペリオンssp、黒ドンキ出品中



">


">


vivids ssp.
vivids AMG採集個体販売


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



初繭割り

GATAKUNさんからの
ご好意で同梱して頂いた
クベラツヤクワガタ、
私も同じ産地を飼育しており、
繭と思われる部位を押してみると、





綺麗に羽化していた。





こんな小さな蛹室で
羽化出来る事に驚きながら、





飼育初となるクベラツヤの♀を
手に取り、GATAKUNさんとの
♀を比較する。





ひ、一回り小さい。


レビューは全て出揃ってからとし、
お送り頂いた個体を見ていると、
胸裏に鋭く尖る突起に気付いた。














何に使う突起なのか、
色々と考えても答えは出ない為、
検索エンジン発動する事とする。


クベラペアの♀の符節が
無くなっていた為、同居させる事とした。





GATAKUNさんギネスを
目標にツヤ飼育を改めて調べ直す。


※オークションにてアマミシカクワガタ
初2令8頭出品中



">


vivids ssp.
vivids AMG採集個体販売


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



巨星散る

新しいマットが届いた為、
ボトル内部で空洞を手掛ける
クベラツヤクワガタに
マットを足す事にした。


外観目視にて
コバエの有無を確認しながら
開封し、スケール測定を行う。





23.2g


8月の交換から
1割減となる体重変遷。


マットは同じ銘柄の為、
そろそろ蛹室作製の時期なのか。


上蓋を開けると
big buttが目に入る。





ツヤクワガタ特有の
下膨れ体型を計測していく。





29.7g


そして前回40gを記録した
個体を楽しみに開封すると、





まさかの地表で
返事が無いただの屍と化していた。


この個体が羽化すればと
夢が膨らんでいただけに、
巨星散る惨劇に言葉を失くす。


40g超えの次に大きな個体はと言うと、





この30.8gとなる。


体重測定も惰性のまま
計測していくと、





笑かそうとする27.8gに
笑みを浮かべる。


先に記したように
全体的に1割減となり、


外観からコバエの巣と認知した
ガラス瓶を掘り進めると、





蛹化体制の♀と、





恐らくこの土繭の中にいる
個体を確認した。


コバエが発生すると
明らかに成長が停滞、若しくは
減退に繋がり、小型化となってしまう。


常に目を光らさなければならない
ツヤ飼育に難易度を感じる。


巨星散る惨劇により、
50ギャースは夢のまた夢となりそうだ。


記録はさて置き、
累代重視へとシフトする。


vivids ssp.
vivids AMG採集個体販売


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



単位名称の変更

2016年5月に交換した
クベラツヤを見ると、
ボトル内部に空洞を造り上げていた。


ツヤクワガタ特有の
洞窟の中では大きくならないのでは?
と、マットを足す事にした。


ボトルの蓋を開けると、





仄暗い穴がスタート地点として
現れる。


洞窟を破壊し、
取り出すと





中々に肥えた個体が現れ、
早速スケール測定を行うと、





29.3gを記録した。


しかし、ツヤクワガタは
必ずこのポージングをされる。


まるでギャースと
叫んでいるかのように。


次なる個体を手掛けた時、
息を飲んだ。





過去目撃したどの個体よりも
太く大きく見えた為。


個体を持ち上げ、
スケールに乗せると





40.6ギャースと言わんばかり、
お決まりのポージングを披露した。


ツヤクワガタのスケール
測定の際、グラム単位の名称は
ギャースが良く似合う。


そんなくだらない事を
思い浮かべながら
40.6ギャース個体を見送った。





50ギャース行けば
面白い事になるかもしれない。


幼虫の体色は白く、
伸び代があるように感じる。


羽化が待ち遠しい種と
成り代り、引き続きの管理に徹する。


※オークションにてタランドゥス♂、
レギウス♂、ヒペリオンssp、出品中



vivids ssp.
vivids AMG採集個体販売


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



↑