増設、産地別コレクション

先日採集したオオクワガタを
菌糸瓶に投入すべく、
体重測定を行った。


測定した順に掲載する。





6.7g





8.1g





3.1g





3.8g





7.8g





となり、7頭目は残念ながら
輸送の衝撃にやられたのか





生き絶えていた。


雌雄判別は、所謂♀斑から
2♂4♀と断定した。


もし予想通りであれば
累代は容易いものとなる。


私の産地別コレクションに加え、
火の國産ラインを累代する事とする。


※オークションにて、採集セット、
超大型アマミシカクワガタカルテット、
WF1スマトラヒラタクワガタ、
ミラビリスヒラタクワガタ出品中



">


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



スポンサーサイト

火の國採集、悲願成就

採集した部位から
少し上げた場所から食痕が現れ、
ピン材でない事を予見する。





叩き割るというよりは
慎重に削る表現が適している。


やがてその予見は的中し、





次々と探し求めた
オオクワガタが現れた。





食痕が出ると
身を引き締め、





3令を丁寧に取り出していく。





先月の遠征採集を
彷彿させる出現に驚きながら、





継続する力に対して
報われる日が訪れる事を実感する。





材の中心は今後
時間を掛けて本命が好む材となるようで、
樹皮から余り深くない場所から
出現している事に気付く。





そして陽が当たり難い部位には
一切潜んでいない為、
狙いは一目瞭然となる。





切り倒された先端側からも
2頭採集し、





恐らく地面側にも
潜んでいる可能性はあるが、
最低限の採集に留め、





この地から離れた。


仲間に報告を入れ、
フロントガラスを見ると小雨が
降っていた事に気付き、
よく見ると私のウェアにも
雨が付着していた。


目的達成にて大きく息を吐き、
車のシートを倒して少しばかり
目を瞑る。


ここに送り出してくれた
妻に感謝しつつ、目を見開いて
再びグーグルマップを表示させる。


もし夏にこの地に来る事が
あるのなら、その時に備えて
樹液木をマークする。


その目的を胸に
第4ポイントを設定する。


道路沿いに停車させ、
林に足を踏み入れるも
自身のイメージとは異なる地に
30分程歩き、見切りを付ける。


第5ポイントにて
小道ながらも大型車は来ないと
判断したのがいけなかった。


遠くからクラクションが聞こえ、
急いで戻ると大型トラックの
進路を塞いでいた。


大声で謝罪しながら
車を邪魔にならない場所まで
移動させ、再度頭を下げに行くと、
指刺した場所なら停めても良いと
寛大な言葉を頂き、車を停めさせて頂いた。


然し乍ら本命が潜む事は無く、
その地を離れた。


時計を覗くと、


PM 0:30


時刻を知ると空腹である事に
気付くも、第6ポイントへと
車を走らせた。


林の空間も良く、
気になる切り株に
斧を振り上げると、
食痕が走り始めた。


その材からはポロポロと





ヒラタクワガタが現れた。





PM 1:30


雨脚も強まり、
自宅までの道程となる
約900km、12時間の運転への
体力温存も鑑み
本日の採集を終えた。


探し求めた火の國産
オオクワガタは7頭という結果となり、





上出来過ぎる結果に
酔いしれながら、
遅い昼食を摂る事にした。


PM 1:50


焼豚が売り切れにて
支度中の暖簾を潜り、焼豚抜き
魚貝大盛りつけ麺を注文するも、
イメージと異なる味に
海苔屋が始めたラーメンを
恋しく思いながら店を後にした。


妻の実家に到着し、
皆に報告を入れると、
オオクワガタ採集の厳しさを知る
双子の息子達が大声で驚き、
良かったねの言葉に胸が詰まる。


火の國での充実した
スケジュールにて最終日に
完全燃焼採集による悲願成就となり、
更なる深い印象を残す事が出来た。


次は夏の樹液採集がこの地で
出来れば、そんな日が来るよう
日々の生活に注力する。


※オークションにて、採集セット、
超大型アマミシカクワガタカルテット、
WF1スマトラヒラタクワガタ、
ミラビリスヒラタクワガタ出品中



">


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



火の國、完全燃焼採集へ

2017.3.20
AM 6:00


セットしたアラームが
鳴り響き、目を覚ますも
スヌーズに頼り再び目を閉じてしまう。


AM 6:20


力を振り絞り
立ち上がり、身支度を済ませ
階段を降りて行くと
お義父さんがテレビを見ていた。


挨拶をし、採集地を告げ、
行ってらっしゃいの言葉を頂き、
玄関の扉を開けた。


予報通り、午後からは雨が
降りそうな灰色の空を見上げ
車に乗り込みアクセルを踏み込んだ。


目的地は以前から見定めた場所、
過去に火の國で本命は1頭の採集であり、
その採集した個体は羽化せず
息絶えた。


私の中では不完全燃焼採集の為、
今回の採集には力まずにはいられない。


高速道路を走り抜け、





目的地に到着し、
本命を探し歩く。


遠目から見える立ち枯れに
藪を掻き分けて近付く。





立ち枯れは固く
斧を弾き返す為、
折れた先に目を向けるも
クワガタの姿は無かった。


第1ポイントに見切りを付け、
グーグルマップを確認しながら
第2ポイントへと車を走らせた。


30分程林を歩くと、





目を奪われるロケーションに
到達する。


良さそうな朽ちた部分は
根部に近い場所であり、
斧を一閃させると、





クワガタの食痕が
縦横無尽に走り出す。


本命の食べ方とは異なる為、
期待をせずにそれを追うと





ポピュラーな彼が現れる。





更に地面に近い所からは、





新成虫ヒラタクワガタ♀が
現れた。


少しプリッとしたお尻の主は、





ノコギリクワガタであった。





本命が現れない事を悟り、





車へと引き返し、
第3ポイントを選定する。


そのポイントは遠目に
太いクヌギが数本確認出来、
夏の樹液シーズンに訪れてみたい
地であった。


車を停め、
林の中に足を踏み入れると、
切り倒されたクヌギが
4本目に入った。


斧の反対側で材をチェックしていると、
音が異なる部位があり
一閃させると、





見た瞬間、大きさ、艶、色から
オオクワガタと確信した。


前回のかっしーさんの採集にて
諭された言葉を思い出す。


どこから本命が出てきても
いいように慎重に削る事。


かっしーさんが後ろで
見てくれているように、
目の前の個体を本命と思い、
丁寧に追い掛けていく。








食痕をケースに仕舞いながら
個体を取り出せる状態にし、





斧を置き、
右手を握り締める。





掌に乗せ、





顔を確認し、


AM 10:00


不完全燃焼採集に終止符を打つべく、
独り咆哮を曇り空に放った。


To be continued.


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



咆哮、火の國

2017.3.20
ジャストAM 10:00


火の國にて
独り雄叫びを上げた。





恒例、詳細は後程
綴る事とする。


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



火の國懇談

2017.3.17
PM 9:00


双子の息子達の卒業式を終え、
妻の実家である火の國に向かう。


10時間をほぼノンストップで
走り抜け、


2017.3.18
AM 6:47


24時間営業のファミレスで
朝食を済ませ、泥のように眠る。


PM 0:45


お義父さんを連れて
家族でお気に入りの
博多ラーメンを啜る。





この味、息子達曰く
日本一の美味しさと
替え玉をオーダーし、
ペロリと平らげた。


妻の実家に戻り、
火の國の熱い漢からの
連絡を待つ。


PM 5:00


到着の連絡を受け、
リンクさせて頂いている
REGA90さんと久しぶりの再会を果たす。


REGA90さんのアバンギャルドな
赤いLegacyに乗り込み、
待ち合わせの場所に向かう。


高速道路は地震による規制と
観光集中により混雑すると、
下道で向かう。


途中、地震で橋が渡れない為
道路が封鎖されており、
道を変えながら混雑した道を
走り抜けていく。


小雨が降り出し、
窓の外を見ると
既に開花した桜を目にした。





車の中では
飼育、採集などの話を
熱く語ると、私の熱気に
フロントガラスを曇らせる事に成功した。


幾度もデフロスターの
スイッチを押すREGA90さんの
悔しがる顔を見逃す事はしない。


PM 7:47


目的の地に到着し、
REGA90さんと歩みを進めると、
遠くの方で手を振る男性が見えた。


右手を振りながら
お店に入り、昨年の9/9に
お会いしたクマモンさんに
会釈をして3人で乾杯を上げた。





ブリードを中心に
会話に花が咲き、
クマモンさんの手土産に
喜びの声を上げた。





私がボーリンフタマタ飼育で
手こずっている事から





カワラタケ材飼育でオオクワガタに
使用した材を手渡してくれた。


この材質、お世辞抜きで
200頭孵化材に似ている為、
期待が持てる。


とても嬉しい手土産に
テンションは最高潮に達す。


そしてクマモンさんに一つ
お願いをし、承知頂く。


美味しい料理と
お酒を飲み終え、
クマモンさんのブリードルームを
拝見させて頂いた。





カワラタケ材飼育が
ズラリと並ぶ中、
自動給水の加湿器に感動する。





REGA90さんには
帰りに妻の実家まで
送って頂き、別れを告げた。


素晴らしい時間を
過ごす事が出来、
ブログでの交流に感謝して止まない。


またお会い出来る日を
楽しみに日々を過ごす。


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



↑