WD動画

2017.8.17
PM 9:00


やるべき事を終え、
気長に下道で本命求めて
車を走らせた。


交通量は少なく、
一休さんが乗るような
月を見ながら到着する。


ラダーを抱え、
ライトを前面に照らすと、
獣が此方を警戒して止まった。


写真を撮ろうとするも
走り去っていく後ろ姿から
狸と照合した。


樹液の量は昨夏と比べると
少ないものの、枯渇する程でも無く、
ライトを照らすと、





大型なクワガタが目に入った。


光に驚いたのか、
私が掻き出すまでもなく、
自ら正体を明かす。





君かと、
お尻に掻き出し棒が触れると、
慌てて外に飛び出した所を掴んだ。





コオロギの鳴き声が響き、
秋の気配を感じながら
その樹を見上げると、





ウマオイが張り付いていた。


子供の頃、バッタ系は
河川敷でトノサマバッタを追い掛け、
キリギリスとウマオイの逞しいボディに
惹かれていた。


結局、私は大型の昆虫に
弱いんだろう。


そんな子供の頃を回想しながら、
次なるポイントへと車を走らせた。





途中、反対車線のアスファルトに
黒い物体を目にし、車を停車させ
確認しに向かうと、





真夏の暴君が水銀灯に
飛来したらしく、
反対車線の中央に
微動だにせず佇んでいた。


轢かれてしまうと、
林に投げ込み、車に乗り込んだ。


程なくすると鹿が現れ、
危うく接触する所であった。


カブトムシ→鹿


しりとりであれば次は
カナブンで終わりか。


そんな事を考えながらiPhoneを
構えると、此方も狸同様
撮影の機会を与えて貰えず、
藪の中に消えて行った。


その後、猿やヌートリアなど、
しりとりの順番では無いが
獣達が頻繁に現れ、
WDナイトサファリ状態にて
ひと時も心を休ませる事は出来ず、
ハイビームで車を走らせた。


2017.8.18
AM 2:30


現地に到着し、状況を確認しに
灯の無い水田に降り立った。


先日、香川照之さんの番組で
タガメを撮影され、
私もWD静止画では無く、
WD動画をこのクロノグラフを
閲覧されている皆様方にご覧頂きたく、
家に直行せず、回り道をした。





タイコウチはもはや
コクワガタクラスの位置付けとなる。





トノサマガエル、君も絶滅危惧なのかと
声を掛けながらWDタガメを探し求めた。


幾つ堀上を確認したか解らない。
小虫を防ぐ為にフードを被っている為、
汗が弾丸のように落ちてくる。


もはや空前のタガメブームなのか、





蟹までタガメチックに
捕食していた。


そして漸く出会えた
WDタガメは、





5令幼体であった。


WD動画をと
撮影モードを切り替えて
録画を開始する。





残念ながらライトの角度を幾ら変えても
香川照之さんの番組のように
躍動感溢れる動画とはいかず、
これならば静止画と変わらないと
1人苦笑した。


そして、一つの淡い期待を抱きつつ、
暗黒の世界に独りいつ迄も
ライトを照らし続けた。


それは、タガメが住めるこの
ギャングの楽園であれば、
ナミゲンゴロウも生息出来るのではないか。


堀上を歩き続けると、





クロゲンゴロウに出会えた。





シマゲンゴロウも確認出来るが、
やはりこの地にはナミゲンゴロウは
存在しなかった。


WDタガメ成虫に出会いたかったが、
今回は出会えず、





田圃側に5令脱皮痕を確認した。





堀上では無く、
田圃側に潜んでいるのであろうと
車に戻り、


AM 5:15


我が家に到着した。


クロゲンゴロウの動画で聞こえるように、
秋が直ぐ傍まで近付いている。


今夏の採集に後悔する事なく、
存分に動けるよう、
家事手伝いを行う。


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



スポンサーサイト

人生初の灯火体験

親分に本丸遠征採集にて
お借りした灯火採集セットを
返却ついでに、気になるポイントにて
焚いてみようとなり、


2017.8.16
PM 7:00


長男と共に親分宅に向かった。


どこでセッティングするのか等、
打ち合わせもろくに出来ていない状況にて、
灯火採集を体験したい願望が先行し、


PM 7:40


親分に再会した。


だいぶ腰の調子が良くなり、
以前の貫禄も戻りつつある親分を乗せ、


PM 8:50


灯火採集としては
ゴールデンタイムが過ぎてしまい、
不安満載の中のセッティングを終え、





灯火ポイントは、
閉鎖されたダムにて
山の斜面を照らした。


長男も興味津々で、
飛来する音に耳を傾けていた。


グーグルマップと25000分の1地図の
広葉樹マークにて問題無い筈だが、
クワガタの飛来は皆無であった。


PM 9:30


この場所に見切りを付け、
次なるポイントにてセッティングを
行った。


すると、蝉の羽音とは異なる
飛翔音が鳴り響き、
地面に激突した。





コガネムシでこの羽音であれば、
クワガタカブトは更なる大きな
羽ばたき音が鳴り響くのであろう。


長男も親分もしきりに
地面を確認するも、
クワガタは飛来しなかった。


灯火採集、奥が深い。


この言葉に尽きる。


以前かっしーさんにお聞きした、
灯火採集の魅力とは?の回答である、
「狙った場所にセッティングし、
採集に至り勝利する」言葉が良く解った。


その土地、その環境を理解し、
その日の気温、月齢などを考慮し、
セッティングしなければ
簡単には採集に至らない。


またの機会に灯火採集を
行なおうと機材を撤収し、
親分のポイントに向けて車を走らせた。


その地はボコボコした
木が乱立している場所となり、





ノコギリクワガタや、





真夏の暴君らが
活動していた。





本命はと探したものの
樹液の質や洞や捲れの状況から
生息可能性は低いと感じた。


PM 11:40


採集に見切りを付け、
近くのコンビニで喉を潤し、


2017.8.17
AM 0:20


親分に別れを告げた。


部活後の採集に長男は
後部座席で動かなくなり、


AM 1:10


自宅に到着し、
息子を起こし、ベッドまで誘導した。


私が気になるポイントで
灯火採集をしたらどうなるのか。


本来、樹液採集にて狙って採る
スタイルを好む私だが、
腰痛の親分と共に狙ってトラップを掛ける
灯火採集で本命採集出来れば、
それはまた一つ楽しい思い出になると考え、
グーグルマップを睨む。


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



子供達の製作

息子達がvivids ssp.にて
成虫へのゼリー遣りを手伝ってくれ、
カットする手間が省け、
時短に繋がった。


カットする役は1人で良い為、
残り2人の手が空く。


何か手伝いはないかと言うので、
工作好きな息子達には
ヘラクレス用の人口蛹室作製を
お願いした。





長男が私の人口蛹室を見ながら
作製に取り掛かると、
次男も作りたいと言う。





それを見ていた娘も
作ってみたいと言い、





♀用の製作をお願いした。


手が掛かる作業を
子供達の手で作製してくれ、
とても嬉しく思う。


いつ迄付いてきてくれるか
解らない為、この時間を大切にしたく、
出来る限り子供たちとの時間を
作れるよう、上手くスケジュールを組む。


採集狂の私には
難題である。


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



遠い存在

2017.8.13
AM 6:00


AM 5:00にセットした
アラームで起きられず、
自己嫌悪に陥りながら
息子達に声を掛ける。


長男は起き上り、
採集に行くと言う。


次男は一度身体を起こすも、
そのまま手を振りながら目を閉じた。


私の隣で眠りに就いた
しゅんちゃんに声を掛けようとするが、
死体現場の如く倒れ込み、
とても声を掛けるまでに至らず、
長男と車に乗り込み昨夜の
ゲンゴロウ幼虫ポイントに向かった。





素晴らしい池である為、
私はウェーダーを履いて
網を入れ、息子は岸辺付近にて
網を入れた。





入るのはヤゴや
ミズカマキリのみとなり、
昨夜採集に至ったゲンゴロウ幼虫は
奇跡だったのではないかと
ジワジワと実感する。





ふと目に入ったのは
魚の死体であり、





成虫ゲンゴロウが居れば
齧られる筈の魚が無傷であり、
この池にはゲンゴロウが居ないと
判断した。


そしてこの魚の死因が気になりつつ、
昨夜のゲンゴロウ幼虫の亡くなり方と
要因を結び付けてしまう。


池を一周掬い、
息子に次なる池に行こうと声を掛ける。


息子が私同様悔しがる中、
次なるポイントに到着した。





この池の持ち主となる方に出会え、
ゲンゴロウ採集に来た事を告げると、
大層驚かれ、そして苦笑し、
池への進入の承諾を頂く。





何かがズレているのか、
この地方は多産地の筈、
私に採集センスが無いと
自信を失い始める。


一通り確認させて頂き、
先程の地主さんに声を掛け、
御礼を述べ、この家の前にある
街灯にゲンゴロウが飛来した事があるかを
お聞きした所、カブトムシは飛来するが、
ゲンゴロウは見た事が無いと話された。


残念がる息子の肩を叩き、
妻達の下に戻った。


バンガローに到着すると、
皆の元気な姿を目にし、
安心した。


私と長男が昨夜のお肉を
使用した焼きそばを平らげ、
部屋を片付けて鍵を渡しに
管理棟に向かった。


管理者に精算を済ませ、
また来年、ゲンゴロウを求めて
宿泊する事を告げると、
この辺りは人口的に池を
作っている為、泥のような池が無く、
ゲンゴロウ採集は難しいのではないかと
話された。


私が親しくさせて頂いている方は
事実採集で実績を残されている為、
興味が有るか無いかの違いと思い、
管理者には首を縦に振りながら
礼を述べ辞去した。


妻達と本日の行動を練る。


採集ばかりが先行してはならない為、
バランスを取りながら、
採集を含ませる。



提案は、
帰るルートの途中にある
私がマークしたポイントに
私だけが立ち寄り、
妻達は温泉を堪能する。


昼食を摂り、
目的の温泉地にて
妻達に別れを告げる。


すると、長男が温泉よりも採集をと
声を上げ、次男もそれに続き、
しゅんちゃんも採集を選択した。


しゅんちゃんパパもお風呂セットを
奥様に手渡し、採集車に乗り込んだ。


時間的に最後のポイント、
失敗は許されない。


約一時間掛けて到着した地は
私の思い描いた地と重なった。





皆の肩は下がりながらも
最後の期待を抱きながら
その一歩を踏み出す。





皆が其々に網を入れるも、





PM 2:50


本丸採集にピリオドを打った。


私が選択した最終地は除草剤の痕が残り、
田園地帯には後程農薬散布で
絶滅との情報を知った。


皆の落胆する顔を
変えようと、自販機にて
各々好きな飲み物を買うように
小銭を手渡した。


採集を振り返りながら、
車内はナミゲンゴロウの遠い
存在に益々の採集意欲を駆り立てられた。


私自身は、先日の遠征採集にて
坊主であった出来事に更なる
敗北が塗られ、不甲斐ないと
吐息を吐く。


PM 11:50


我が家に到着し、
子供達を寝かせ、
車内の荷物を家に持ち込み、
そのまま眠りに就いた。


本丸採集に決着は付かず、
まだまだこのカテゴリーは続く。


今回採集したゲンゴロウ幼虫は
親しくさせて頂いている方の
ご協力の下となり、
私の実力では無い。


私自身の手で採集に至った際は
胸を張ろう。


そう心に決め、
またグーグルマップを睨む日が続く。


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



本丸採集旅行

双子の息子達が塾と部活の無い
お盆休みを利用して、
バンガローを借りて
一泊の旅行を計画した。


その地は本丸こと、
ナミゲンゴロウが生息すると
情報を得ている。


息子達も私同様、
ナミゲンゴロウ採集に燃えている為、
妻にプレゼンし、承認を得た。


また、今回はしゅんちゃん家族にも
声を掛け、2家族で本丸採集旅行に
出掛ける事となった。


2017.8.11
PM 10:30


先に我が家族が出発し、
車を走らせた。


途中、豪雨ゾーンが幾つも有り、
ハンドルを握る手に力が入る中、
先日のタガメリリースの寝不足も祟リ、
途中妻に運転を変わって貰い、





雲海の撮影を長男に託し、
目的の地にて朝食を摂り、
宿泊施設へと走らせた。


2017.8.12
AM 11:30


宿泊施設にて鍵を借り、
家族全員が歓喜の声を上げていると、
しゅんちゃん家族が到着した。


宿泊プランに岩魚の掴み取りが
含まれている為、
2家族でそれを楽しんだ。





予想以上に放流されている
水が冷たく、中々手で掴む事が出来ない。





岩魚の性質を利用して、
ブロックや岩を囲んで
追い込む事で掴めるようになり、





しゅんちゃんも掴む事に
成功した。


全て掴み終えた後、
スタッフの方が炭で塩焼きにて
提供して下さり、





皆で頬張った。


岩魚を食べ終えた
Aqua gangster questパーティーは、
ナミゲンゴロウを求めて車を走らせ、
妻達女子チームはプールへと向かった。


第1ポイントは、





水生昆虫の姿は無く、
イモリを確認するのみとなった。





第2ポイントは目の前が民家であり、
テレビを見て居られる男性が
窓際にお見えになり、その方に声を掛けに
歩み寄ると、その居間には10人程が
テレビを鑑賞されていた。


ゲンゴロウを採集しに来た事を告げ、
池に足を踏み入れても良いか確認した所、
その居間にいた全員が爆笑され、
快く許可を頂いた。


その池はストリートビューでは
最高の雰囲気を醸し出しており、
実際も文句ないポイントの筈が、
網には何も入らなかった。


限られた時間の為、
次なるポイントへと急いだ。


途中、気になる池が目に入り、
近くを歩かれていた方に
声を掛けた所、ゲンゴロウ採集で
苦笑され、私はこの場所と関係無いが
見るぐらいなら良いと思うと言われ、
確認すると、





営業時期外れの
釣り堀のようであった。


PM 3:50


目的地に到着し、
車から出ようとすると、
恐ろしい程のアブの大群に
車は囲まれ、私一人で確認しに向かった。





此処にもゲンゴロウの姿は無く、


次なるポイントにて
可能性の塊ポイントに到着した。





然し乍ら池には
水生昆虫のマツモムシすら
網には入らず、


皆、落胆しながら
ポイントを後にした。


この地は数多く
ナミゲンゴロウが生息すると
聞いていただけに、期待を膨らませて
この採集旅行に参加してくれた
しゅんちゃんを喜ばす事が出来ず、
悔しさで胸が埋め尽くされた。


妻達が待つバンガローに戻り、
皆が楽しみにしていた企画第2弾となる
バーベキューをデッキで行い、





私が親しくさせて頂いている方に
今回の採集を報告し、
ゲンゴロウ採集の手掛かりを
ご教示頂くと、
皆が小雨降る中でも採集に行きたいとなり、
ライトを携えて向かう事にした。


私はウェーダーを履き、
何度も網で掬うと、





たった一匹ではあるが、
ゲンゴロウの幼虫が入った。


その後、何度も掬うも
追加には至らず、
明日の朝に確認する事で
その地を後にした。


妻達にゲンゴロウの
幼虫を披露するも、





残念ながら1時間後には
生き絶えてしまった。


こんなにも脆弱な生物なのか。


雨は強く降り出し、
ライトトラップ作戦も中止を
決断し、しゅんちゃんパパと
アルコールを口にした。


2017.8.13
AM 0:00を回り、
夜の宴を終え、悔しさの中、
眠りに就いた。


To be continued.


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



↑